芸能

「次に会ったらド突いたる!」宮迫博之と“業界総スカン”監督の遺恨とは?

20151121miyasako

 現在公開中の映画「ラスト・ナイツ」で、6年ぶりにメガホンを取った紀里谷和明監督。映画制作3本目にして、米ハリウッドデビューを果たした。今作は名優モーガン・フリーマン、クライヴ・オーウェンをはじめ、日本からは伊原剛志が出演したことで話題を呼んでいる。

 紀里谷監督といえば、宇多田ヒカルの元夫として有名だが、日本映画界ではそれよりも彼自身の“人間性”が問われ嫌悪されていた。

「2004年公開の映画『CASSHERN』で監督デビューした紀里谷氏ですが、当時はかなり尖がってました。『日本で映画監督として成功してるのは異業種の人ばかり』と言い、助監督を次々とクビにしたり、言いたい放題のやりたい放題。そのため業界では紀里谷氏のことを誰も相手にしなくなったんです」(映画誌ライター)

「CASSHERN」に出演していたお笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之は、不潔な水の中から目を見開いて出てくるよう何度も要求された結果、撮影中、目に激痛が走り急遽病院に駆け込んだことがあり「マジで次に会ったらド突いてやろうと思っていた!」と恨んでいたという。

 そんな悪評高き紀里谷監督が、今回の映画のプロモーションにはいつになく積極的だ。数々のバラエティ番組に出演しては、元妻の宇多田の話までするサービスぶりである。

「この映画が失敗したら、紀里谷氏に後はないでしょうね。日本でダメ、ハリウッドでダメとなれば、後は日本以外のアジアだけ。そこで受け入れられるかどうかは別ですけどね。だから宣伝に躍起になっているんですよ」(前出・映画誌ライター)

 監督として崖っぷちに立たされた紀里谷監督。本人曰く「過去を反省して心を入れ替えた」そうだが、映画がヒットするかどうかは作品の出来次第であることは間違いない。

(李井杏子)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
品川の二の舞に?友近に「パワハラ報道」噴出で「テレビから干される」危機!
2
特によしこが心配!?「24時間テレビ」チャリティマラソンにあがった“猛批判”
3
縦スジも見えた!?フジ久慈暁子、走り高跳びに挑戦で注目された魅惑のヒップ
4
開き直った?顔面改造疑惑お構いなしの“すっぴん”を公開した板野友美の心中
5
終盤でも視聴率が爆上げしない「あなたの番です」、“戦犯”は主人公の田中圭!?