芸能

ジャニーズ性加害問題の裏でレベルアップするHey!Say!JUMPドーム公演の演出ウラ

 歌唱が評価されることが少ないHey! Say! JUMPだが、アーティストとして実は記録を保持している。デビューは2007年。CDデビューからわずか38日目に東京ドーム公演を成功させ、平均年齢15.2歳で同所の最年少記録を刻んでいる。数カ月前まではKAT-TUNら先輩グループのバックダンサーを務めていた10人組(当時)。それが、自身たちのファン5万5000人で巨大ドームを埋め尽くしたのだから、快挙といえた。

 ところが今年、デビューシングル「Ultra Music Power」の歌唱中止を発表した。ジャニー喜多川氏の性加害問題を受けて、同楽曲の歌詞が「J!Johnnys’」という掛け声から始まることを理由に苦渋の決断を下した。

 ファンはそんなことは意に介さず、むしろ年々高まるステージスキルに期待を寄せる。アラサーになったJUMPがこの数年のアリーナやドームツアーで見せている舞台演出は、高度でハードになっているのだ。

 18年の東京ドーム公演では、センターステージが回転し、さらに傾いた。メンバーはそこで歌って踊り、滑らないように体幹を鍛えた。さらなる特殊ステージとなったのは、翌19年のドーム公演。地上10mのステージで、ついに360°前向きに回転した。日本人アーティスト初の演出だった。

「ステージは前方に進みながら、メンバーが固定されている透明のガラスが前方に回転しました。頭が地に向かったちょうど180°のときに、ファンともっとも近い距離になるのが特徴です。でも、メンバー的にはそのときの顔がいちばんブサイク(笑)。汗がしたたり落ちているし、顔は紅潮しているし。顔が命のアイドルにとっては致命的といえなくもない」(エンタメ誌ライター)

 このドーム公演は、山田涼介が演出。「回転とかしちゃう?」と軽いノリで口に出すと、スタッフが実現させてしまった。セットを保管する倉庫も必要で、リハーサルのために巨大アリーナを貸し切る必要もある。メンバーの手の甲に鏡をつけ、その光を反射させる演出もあるため、8人全員がそろう入念なリハがマスト。それでこそ達成した日本初だった。

 ほかにも縄梯子での舞や布を使ったフライング、メンバー全員が空中で円になって舞うサークルフライング、空中ブランコ、ジャグリングや綱渡りもあり、コンサートはさながらラスベガスのショー。ちなみに、山田は高所恐怖症。それでもドームの天井付近での演出を辞さないのは、プロたるゆえんかもしれない。

(北村ともこ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
人前ではとても口にできない…鉄道ファンに「残念な愛称」で呼ばれる路線3選
4
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
5
投資額が10分の1になる「愚の骨頂」…専門家が重大警告「国が後押しする新NISAは地雷だらけ」