社会

「北朝鮮」金正恩ミサイルは迎撃不能の緊急事態(1)金日成生誕100年で発射!

 いよいよ北朝鮮が衛星と偽りミサイルを発射する4月となった。すでに迎撃準備が命じられ、万全の態勢のように報じられているが、とんでもない。防衛省元幹部によれば、実は迎撃自体が不可能だというのだ。テレビ・新聞が報じない「最悪シナリオ」とは─。

金日成生誕100年で発射!
「北朝鮮が『4月に人工衛星を打ち上げる』と、事実上の長距離弾道ミサイル発射を宣言してから、防衛省は着々と迎撃準備を進めてきたように新聞などでは報じられています。でも、私に言わせれば、まったくの茶番ですよ。『前回』の時は、幸運にもミサイルは本州を通過したから迎撃しなくて済みましたが、今回もし日本領土や領海に落下するのが確実となり『さあ迎撃だ』となったら、現在の自衛隊がミサイルを迎撃することは不可能なんです」
 こんな衝撃的な証言をするのは、防衛省元幹部のA氏だ。
 彼が言う「前回」とは、09年4月5日の事態。やはり直前に北朝鮮は「人工衛星」打ち上げと称して、日本列島を飛び越える軌道を予定していることを発表し大騒ぎになった。が、蓋を開けてみれば、当日「衛星」は、東北地方の上空を通過して太平洋に着弾したのだった。A氏が続ける。
「もちろん、技術的には日本の迎撃システムでミサイルを撃ち落とすことは可能です。少なくとも発表したとおりの日時と方向から軌道が多少ズレ、領海、領土内に落ちそうになったぐらいなら、ほぼ100%迎撃できると言ってもいい。しかし、それでも現実には迎撃できずに、日本領土にミサイルが落ちる可能性が高い理由があるんです」
 テレビや新聞では一切報じられない、その「理由」を明かしてもらう前に、ここで今一度、今回のミサイル発射についておさらいしておこう。
 北朝鮮が今回の発射計画を発表したのは、去る3月16日。4月15日の金日成元国家主席の生誕100年を祝うため、北朝鮮北西部の「西海衛星発射場」から「衛星」を打ち上げるという名目だ。
 防衛省詰め記者が解説する。
「北朝鮮側は4月12日から16日までの間に発射し、1段目に切り離される燃料ブースターが黄海上に、2段目本体がフィリピン・ルソン島沖の太平洋上に落下するとしています。ですから09年時とは違い日本の領土、領海には落ちにくいコースになっており、予告どおりなら迎撃の必要はない。しかしそれでも、軌道がそれれば、ミサイルの燃料ブースターや本体が、沖縄本島、宮古島、石垣島の3島、それも、人口密集地域に落ちる可能性は否定できません。そこで田中直紀防衛相は3月27日にまず『準備命令』を、3月30日午前に『破壊措置命令』を発令したんです」
 いずれも09年以来2度目の発令である。

カテゴリー: 社会   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
山本舞香、鈴木福くんの前で見せた“バスト渓谷見せ”過激衣装の賛否!
2
真木よう子、「Gバストがお腹に乗ってる」なド迫力オフショットにファン騒然
3
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
4
木村文乃、“艶気なし”指摘を吹き飛ばす「前かがみ水着バスト渓谷」の破壊力!
5
本田望結、ボディ成長と美人化がどんどん進む!ファンも困惑の“ノビシロ”