政治

岸田文雄首相に急接触「W杯サッカー予選ドタキャン」北朝鮮・金正恩がすぐに欲しい「ブツ」本音

 日本サッカー協会(JFA)が3月26日に北朝鮮の平壌・金日成競技場で予定されていたサッカーW杯アジア2次予選(日本VS北朝鮮戦)が中止になったのは、3月22日だった。

 ところが、日本代表が現地入りしているはずだった25日に金正恩朝鮮労働党総書記の妹、金与正党副部長が突如として「岸田文雄首相が可能な限り早い時期に正恩氏と直接、会談したいとの意向を伝えてきた」との談話を発表。

 突然のキラーパスに林芳正官房長官は、日本人拉致問題が既に解決されたとする北朝鮮の主張を「受け入れられない」ときっぱり拒絶。岸田首相も翌26日に「コメントひとつひとつに何か申し上げることは控える」と、スルーを決め込んだ。

 北朝鮮から岸田総理への、突然のラブコールは何を意味するのか。拉致被害者家族の支援者が言うには、

「過去の麻生太郎政権でも野田佳彦政権でも、支持率が落ちてくると、北朝鮮は総理官邸に接触してきた。裏金問題で支持率を落とす岸田首相に『退陣前、選挙前に外交成果が欲しいだろう』と水面下で持ちかけるつもりだったのが、W杯サッカー予選が中止となり、日本の訪朝団に接触する機会がなくなってしまった。そこであのような形で、揺さぶりをかけてきたのでしょう」

 むろん金与正氏の本当のターゲットは、岸田首相ではない。次期アメリカ大統領選に出馬する、共和党のトランプ元大統領だというのだ。国際ジャーナリストが明かす。

「未確認情報ですが、朝鮮労働党は新型コロナが世界的に流行した際、ロシアと中国からのワクチン供与を断ったとされます。ロシア製ワクチン、中国製ワクチンは打ちたくない、ファイザー製をどうにかして手に入れられないか、という金総書記のツルの一声で、共和党やトランプ元大統領に水面下で接触してきたとも。今回、W杯予選を中止したのは、新型コロナに代わり世界で流行中の麻疹が国内に入ってくるのを警戒したためということですが、やはり麻疹流行でも品質が不安定なロシアと中国の治療薬と麻疹ワクチンはもらいたくない。麻疹ワクチンと引き換えに、大統領選挙前のトランプ訪朝を交渉しているとみられます。そこで岸田首相を無視するわけにもいかないでしょうし」

 金総書記とトランプ元大統領が揃って暴走…悪い予感しかしないのだが。

(那須優子)

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
西武・松井稼頭央「45試合でクビ」はまだマシ…球界「超短命監督」の悲しすぎる歴史
2
高額チケット代に見合ってない!ソシエダ久保建英の凱旋ツアーがファン泣かせの「三重苦」だった
3
年内に大関、来年は横綱へ!石川県が生んだ「史上最強候補」大の里にブレーキをかける唯一の「課題」とは
4
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
5
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴