社会

アサ芸が決定!ウラ流行語大賞2015「大賞はあの佐野研二郎氏をもじった言葉」

20151203h

 スポーツ部門では東京五輪関連の2語が浮上。まずは、一度は決定した新国立競技場のデザインについて高額費用が問題になるや、「生ガキがドロっと垂れたみたいで嫌い」と前言撤回した、東京五輪組織委員会会長の森喜朗氏(78)の何様発言が矢面となった。

「これほど生ガキをまずそうに表現したセリフもない。国立競技場を表現してるんだけど、生ガキに対するイメージを激悪にした。出身の石川県では海産物も豊富で毎年カキ祭りもやってるというのに、地元産業のイメージダウンを狙っているのかとまで思わせるほど印象的な言葉です」(コラムニスト・青木るえか氏)

 その後、「責任を取れというから坊主にした」とシレッと頭を丸めるあたり、数々の失言の猛者ならではだろう。

 森氏に劣らず集中砲火を浴びたのが、同じ五輪関連でデザイナーの佐野研二郎氏(43)。デザインした東京オリンピックのエンブレムでのパクリ騒動から「佐野る」との言葉が生まれた。最初に徳光正行氏がかみつく。

「ちょっとここだけいじればというデキ心でやったんでしょう。大学生のコピペ論文と大差ありません。あのえべっさんみたいな顔で謝ればまだよかったんでしょうが、次の仕事がなくなると思ったんでしょうね」

 ライターの尾谷幸憲氏も容赦ない。

「正直、あのエンブレムはTの字が卵巣、赤い丸が子宮、『独占!女の60分』のロゴにしか見えなかった。次から次へとパクリが明らかになるのは昨年の小保方、佐村河内、野々村に続き大物が現れたと思いました」

 唯一援護射撃に回ったのが掟ポルシェ氏である。

「そもそもエンブレムには奇抜なデザインなど求められていない。彼はどうでもいいデザインを全面的に手がけられるスペシャリストで、デザイン業界ではいい仕事をしている人なんです。ただ、作っているものがまったく心に響かないだけ」

 なるほど! 栄位を評し、事務所を直撃すると、

「現在、取材は受け付けておりません」

 と、どこかで聞いたような紋切り型の事務所コメントのみだった。

 政治部門では「下着ドロ大臣」も秀逸だが、維新の会から除名処分を受けた上西小百合議員(32)の「エモーショナルな処分」も忘れられない。

「ルー大柴? 何で英語なのか全然意味わからないよな。藤田朋子の伝説の英語会見を思い出しちゃったよ。彼女、結婚式の披露宴でナンパして、その日のうちにお持ち帰りできるハードル低いタイプに見えるのもいいね」

 とお気に入りのデーブ氏に代わり、事務所を直撃するも、

「本人はこの言葉がはやっているとは思っていなかったようです」

 と、事務所関係者は困惑の様子。

 輝かしいウラ流行語の数々は誰にもパクれない。大賞は、今年のパクリ仕事を一手に引き受けた「佐野る」に決定しよう。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
隙間から見えてる!?島崎遥香、カメラに映っちゃった「美バスト」にファン熱視線
2
石川佳純のバストが急成長中!?大人ボディへの進化に戸惑う声も…
3
佐々木希じゃ1分もたない?渡部建が不貞報道で最も失笑を買った“即昇天”
4
「反則すぎだよ」の声も!「特捜9」、伊東四朗のセリフにファン感涙のワケ
5
乃木坂46、「46時間テレビ」で続出した「艶っぽ突発事態」にファン過剰反応