芸能

三吉彩花や篠原涼子だけじゃない、あのタレントの意外なアイドル時代

20151127miyoshi

 モデルと女優の両方で活躍する三吉彩花が11月23日放送の「しゃべくり007」(日本テレビ系)に登場。さくら学院のメンバーだったアイドル時代について語った。

 三吉は2010年からの2年間、小中学生限定ユニット・さくら学院の最年長メンバーとして在籍。同期で人気モデルの松井愛莉と共に、170センチの長身コンビとして異彩を放っていた。今回の放送を受けてネットでは、「三吉彩花ってアイドルだったんだ!?」という声もあがっているが、アイドル誌のライターが笑いながら話す。

「我々にとっては、さくら学院の三吉が今では女優になったという意識なので、世間の感覚を新鮮に感じます。アイドル時代には東京アイドルフェスティバル(TIF)にも出演していますし、体操服姿のグラビアも撮っていたほど。中学生にしては大人びていましたが、話してみると年齢相応の可愛らしさがありましたよ」

 そんな三吉のほかにも芸能界には、元アイドルという女性タレントは少なくない。前出のアイドル誌ライターがその顔ぶれを教えてくれた。

「有名なのは東京パフォーマンスドールにいた篠原涼子。21歳で卒業する直前にソロでリリースした『恋しさと せつなさと 心強さと』が200万枚の大ヒットとなり、一気にアイドル時代のイメージを払しょくできました。女優の満島ひかりは、ビビる大木と結婚したAKINAらとともにFolder5として活動。グループの活動が休止した2002年にタレントへと転身し、現在の事務所に移籍した2009年ごろから女優として頭角を現すようになりました」

 ほかにも永作博美はribbonに在籍、中谷美紀と菅野美穂は桜っ子クラブさくら組で活動していた。片岡愛之助との別れ話で注目された熊切あさ美も、芸能界デビューはチェキッ娘の一員としてである。ほかには活動実績は少なかったものの、上戸彩のZ-1や、瀧本美織のSweetS、優香や深田恭子らのHiPといった例があげられる。

 もう少し年上の世代だと、ダウンタウン・浜田雅功の妻としても知られる小川菜摘が、3人組グループのオナッターズに在籍。さらに同世代でもう一人、意外な人がアイドル活動をしていたという。

「それは磯野貴理子です。劇団員だった1986年に23歳でチャイルズという3人組のお笑いアイドルグループを結成し、1992年まで活動していました。当時、私の先輩がチャイルズのグラビアを撮ったのですが、メンバーを目にした瞬間に『一体どうすりゃいいんだ』と、アイドルっぽくないルックスを見て途方に暮れたそうです」(前出・アイドル誌ライター)

 今は史上最大のアイドル戦国時代。この中から何人が将来、女優として生き残れるのか、今後が見ものである。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「東京五輪までに逮捕される」ヤバイ芸能人リスト(2)売れっ子俳優Tにまつわる物騒な目撃情報
2
“チクポチ”まで披露!?森香澄「胸揺れダンス」の過激化が止まらない!
3
深田恭子「“37歳”新・むっちりボディ」の秘密をバラす(1)バストサイズがボリュームアップ
4
「時効警察」視聴率低迷の“戦犯”に吉岡里帆の名前が挙がり始めた窮地!
5
「ドクターX」、止まらぬ視聴率低下に「色香担当が不在」「脚本家の問題」指摘!