芸能

かつての巨人みたい?乃木坂46は「歌唱力NO1」でも選抜メンバーになれない!?

20151217nogisaka

 アイドルだからってナメられたら困る! 乃木坂46イチの歌唱力を誇る川村真洋がカラオケ番組でその実力を見せつけた。

 川村が出演したのは先日放送された「THEカラオケ☆バトル」(テレビ東京系)。同番組はカラオケ機の精密採点機能を使って、出場者たちが得点を競い優勝を目指すというものだが、今回は「最強女子ボーカリストNo.1決定戦」ということで、川村もグループを代表して参戦した。

 川村はDREAMS COME TRUEの代表曲「未来予想図II」を披露。惜しくも予選で敗れてしまったが、司会の堺正章も「二十歳の声とは思えない。スゴイものがあった」と大絶賛。

 そんな川村だが、今までシングル曲の選抜に選ばれたことは13作中2作のみ。堺もこれについて「なんでそんなに上手いのに選ばれないの?」と不思議そうにしていたぐらいだ。

「川村は小学生の頃からライブハウスのステージで歌を披露したり、ボーカルコンテストに出場し入賞するほどの実力者。また、それだけではなくダンススキルもNO1といっていいほどのレベルの高いものを持っている。そんな川村は選抜に選ばれない理由について、『乃木坂の中で人気がないんですよ』と答えています。確かに握手券の売り上げで選抜メンバーと比べたら、川村はそれほどいいわけではありません。ただ、これだけ実力があれば、毎回はなくても数回に1度ぐらいは選抜に選ばれてもいいような気もしますが‥‥」(アイドル誌ライター)

 しかし記者によれば、乃木坂46も昨年までは頻繁に入れ替えはあったものの、今年に入ってからのさらなる人気上昇により、握手会では選抜メンバーのほとんどが握手券を完売状態。運営側ももはや誰を選抜から外せばいいのかわからない状態に陥り、ほぼメンバー固定の状態が続いているのだという。つまり、実力があっても試合に出させてもらえない、かつての読売巨人軍のような状況なのだとか。

「番組では堺が『乃木坂やめろ!』と煽り、それに対し川村も笑顔で『卒業します』と冗談で切り返していたが、ファンはそれが若干本音に聞こえてしまい複雑な心境だったようですね」(前出・アイドル誌ライター)

 とはいえ、今回の出演で川村の存在を知った視聴者からは「乃木坂の子、歌上手いな」「これだけの逸材ならもう少し出してあげなよ」「乃木坂をナメてたわ」など驚きの声が上がっていることから、今回の番組出演は乃木坂にとっても、川村にとってもいい宣伝になったことは間違いない。2016年は選抜の座をゲットしてもらいたいものだ。

(石田安竹)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
すみれがスカート奥見せ!太川&蛭子も暴走「旅バラ」再放送の注目ポイント
2
のん“一日署長”姿がすっかり下ネタ扱い…「完全復帰」が実現しない残念現象
3
フジ渡邊渚、「柔らかそう!」絶賛の“Gバスト”爆揺れダンス生披露
4
大橋未歩の離婚&再婚に「介護してくれた旦那をよく捨てられたな」の大合唱
5
河北麻友子、ペアルック写真公開もネット民「違和感とツッコミ」の声のワケ!