芸能

相武紗季、米国留学での“自称女優”扱い告白に「その通り」の大合唱

20151217aibu

 女優の相武紗季が、女性誌「anan」12月16日号のインタビューで、13年4月から8月まで行ったアメリカへの短期留学について語った。そのなかで、現地のクラスメイトに日本では女優をしていると明かしたところ「『自称女優?』と言われて悔しい思いをした」と述懐。この告白を読んだ人たちをざわつかせている。

「女優としての代表作が思いつかない。クラスメイトに同意」「単なる“長瀬智也の元カノ”」「アメリカで“女優”と名乗るツラの厚さ。自分で自分のハードルを上げている」「留学っていってもたった5カ月だと“自称留学”ですね」などと散々な言われようだ。

「相武が留学先からの帰国後に開かれた会見のことが思い出されます」と語るのは、当時、取材にあたった週刊誌記者だ。

「会見の終盤で『では英語で自己紹介を』と振られると、なぜか急にトーンダウンした相武が『いえ…それは、ここでは…』と、しどろもどろになりながら拒否。その後の囲み取材でもスタッフが『相武さんは、英語ではなく日本語で応じますので!』と必死にアナウンスしていたのが印象的でした。結局、最後まで相武の“アメリカ仕込み”の英会話が披露されることはなく、『英語がしゃべれないってことでしょ?』と報道陣から嘲笑が漏れたのは言うまでもありません」(週刊誌記者)

 その後、出演したドラマ「ミスパイロット」(フジテレビ系)では流暢な英語を披露した相武だけに、セリフとして決まっていれば大丈夫ということかもしれないが、それでは留学の意味はゼロに等しい。自称“バイリンガル”として、また揶揄されないことを祈るばかりだ。

(烏山麻衣子)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
今田美桜、吉岡里帆を圧倒した「ジャンボなバスト」CM映像が話題沸騰!
2
木南晴夏、インスタの水着姿で再注目された「意外に豊かなバスト」!
3
本田真凜、新CMメイキング動画で判明した“重量級バスト”の存在感
4
有村架純、「前科者」風呂シーンで見せた“マッパ美ボディ”にファン歓喜!
5
ぺこぱ、“鉄道寄り道旅を太川&蛭子から継承”で「のしかかる重圧」と「期待」