芸能

今こそお願いしたい70~80’sアイドルはあのコだっ!「結婚して色香が増した南野陽子」

20151224cc

 10位以下にも下腹部を熱くたぎらせ、男の欲望が怒張する美女がズラリ。11位はアラフィフとなった南野陽子(48)がトップ10をうかがう票を集めた。

「数年前にセレブ婚したはずだが、旦那の借金でかなり苦労している様子。今でも40代後半には見えない色っぽさがある。アイドル卒業として映画『寒椿』で大胆な濡れ場を演じているが、夫の借金のカタに身売りさせられる映画を撮影するのも一興では」(新潟県・塗装業・58歳)

 同じく結婚してから色香を増した早見優(49)が12位に躍進した。

「2年前に昼のワイドショーで披露してくれたセーラー服姿は、写真に撮って携帯の待ち受けにしてマス。11月に放送された『明石家さんまの60歳SP』で、さんまのホレた女として登場。ワンピースからスラッと伸びたヒールの美脚がすばらしかった。おじぎした時にチラ見せした豊かな胸の膨らみは、人妻になってからよけいにふくよかになった!?」(東京都・工務店・58歳)

 85年デビュー組では13位の斉藤由貴(49)に先着を許した中山美穂(45)。昨年、辻仁成と離婚。12月、歌番組に18年ぶりに出演し、薄れた記憶をまくって一気に18位まで順位を追い上げた。

「肩を全開に露出しての胸元ギリギリのドレス姿。芸能界を引退状態だったのがウソのように劣化していなかった。緊張のせいか正直、生歌は厳しかったが、あのクビレた腰を抱いてバックから突き立てれば、もっといい声で鳴いてくれそう」(大阪府・メーカー・53歳)

 離婚どころか09年に覚醒剤事件まで起こした酒井法子(44)は24位。

「せっかく芸能界に帰ってきたのに、ディナーショーなどに出演していて、テレビであまり見られないのが残念。一度地獄を見ているだけに、アイドル時代には感じなかった妖艶さを手に入れた。すっかりクスリも抜けて、最近はちょっと腰回りに肉がついてきた。死ぬまでには熟ピーのヌードを見てみたいものです」(大分県・警備員・67歳)

 音楽評論家・宝泉薫氏が総括する。

「ファンはあの頃のままではなく、年相応に変わった姿でもいいから頑張っているところを見たいのでしょう。そこに、より過激なドラマがあれば、さらに感情移入できるのかも」

 熟してもなお男を魅了するアイドルのドラマチックなヌードを拝みたい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ドクターX」、止まらぬ視聴率低下に「色香担当が不在」「脚本家の問題」指摘!
2
ついに「旅バラ」終了!ホントの原因は太川陽介か蛭子能収か?
3
人気モデル・松島花の“若気の至り”告白に「クズすぎる」批判が殺到!
4
「時効警察」視聴率低迷の“戦犯”に吉岡里帆の名前が挙がり始めた窮地!
5
木下優樹菜「タピオカ屋恫喝」で離婚危機!?「夫が後輩に“ヤバいことに…”吐露」