芸能

今こそお願いしたい70~80’sアイドルはあのコだっ!「結婚して色香が増した南野陽子」

20151224cc

 10位以下にも下腹部を熱くたぎらせ、男の欲望が怒張する美女がズラリ。11位はアラフィフとなった南野陽子(48)がトップ10をうかがう票を集めた。

「数年前にセレブ婚したはずだが、旦那の借金でかなり苦労している様子。今でも40代後半には見えない色っぽさがある。アイドル卒業として映画『寒椿』で大胆な濡れ場を演じているが、夫の借金のカタに身売りさせられる映画を撮影するのも一興では」(新潟県・塗装業・58歳)

 同じく結婚してから色香を増した早見優(49)が12位に躍進した。

「2年前に昼のワイドショーで披露してくれたセーラー服姿は、写真に撮って携帯の待ち受けにしてマス。11月に放送された『明石家さんまの60歳SP』で、さんまのホレた女として登場。ワンピースからスラッと伸びたヒールの美脚がすばらしかった。おじぎした時にチラ見せした豊かな胸の膨らみは、人妻になってからよけいにふくよかになった!?」(東京都・工務店・58歳)

 85年デビュー組では13位の斉藤由貴(49)に先着を許した中山美穂(45)。昨年、辻仁成と離婚。12月、歌番組に18年ぶりに出演し、薄れた記憶をまくって一気に18位まで順位を追い上げた。

「肩を全開に露出しての胸元ギリギリのドレス姿。芸能界を引退状態だったのがウソのように劣化していなかった。緊張のせいか正直、生歌は厳しかったが、あのクビレた腰を抱いてバックから突き立てれば、もっといい声で鳴いてくれそう」(大阪府・メーカー・53歳)

 離婚どころか09年に覚醒剤事件まで起こした酒井法子(44)は24位。

「せっかく芸能界に帰ってきたのに、ディナーショーなどに出演していて、テレビであまり見られないのが残念。一度地獄を見ているだけに、アイドル時代には感じなかった妖艶さを手に入れた。すっかりクスリも抜けて、最近はちょっと腰回りに肉がついてきた。死ぬまでには熟ピーのヌードを見てみたいものです」(大分県・警備員・67歳)

 音楽評論家・宝泉薫氏が総括する。

「ファンはあの頃のままではなく、年相応に変わった姿でもいいから頑張っているところを見たいのでしょう。そこに、より過激なドラマがあれば、さらに感情移入できるのかも」

 熟してもなお男を魅了するアイドルのドラマチックなヌードを拝みたい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    春の“ゆらぎ肌”で頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    91796

    春はさまざまな環境の変化から、肌トラブルが起こりやすい季節といわれます。朝晩の寒暖差、春風に舞う花粉などの刺激物質、暖かくなったことによる皮脂分泌の増加といった気候の変化に加え、新生活によるストレスなども、肌に影響を及ぼすようです。これらは…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    【一杯酒場】東京・蒲田「うなぎ家」

    97639

    うなぎ串焼からナポリタンまで「蒲田価格」を象徴する立ち飲み味と価格、両方にうるさい地元民が重視する「蒲田価格」を象徴するような「うなぎ家」は、立派なうなぎの串焼きをなんと1本300円で出す店。大将が「仕事帰りの人たちに、ポケットマネーで美味…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
TBS「ブラックペアン」主演が竹内涼真から二宮和也に変更された裏事情
2
「重病説」が飛び交うホリケンの「顔色が悪い本当の理由」とは?
3
大橋未歩の離婚&再婚に「介護してくれた旦那をよく捨てられたな」の大合唱
4
「やりたくない!」米倉涼子が「ドクターX」続編を断ったワケ
5
ローラ、インスタ公開した“胸の渓谷ショット”がいろいろな意味で深すぎ!