芸能

まさか!?広瀬すずや三代目JSBよりもあの芸人が今年の流通ワード1位に!

20151223kumamushi

 テレビで放送された情報に基づいて調査された「ビッグデータに基づく今年の流通ワード」(データアーティスト調べ)が発表。上位にリオ五輪や新国立競技場、錦織圭といった納得のキーワードが並ぶなか、芸能人の最上位となったのは「あったかいんだからぁ」のフレーズでブレイクした、クマムシだったのである。

 実際には又吉直樹のほうが上位だが、又吉の場合は芥川賞作家としてランクインしていることは明らか。それゆえ芸能人としての実質トップになったクマムシは、映画やドラマで活躍した広瀬すずや、トップ級の人気アーティストとなった三代目JSB、もしくは交際報道で世間をにぎわせた熊切あさ美までも上回ったのだ。その理由を芸能ライターが解説する。

「この調査では前年からの伸びでランクが決まります。つまり、今年いきなり話題になった人ほど有利なわけで、人気調査とは異なるランキングなのです」

 とはいえ、今年ブレイクした芸能人だけで考えても、「ラッスンゴレライ」がユーチューブで話題になった8.6秒バズーカーや、「安心してください、はいてますよ」が流行語大賞にノミネートされた、とにかく明るい安村のほうが話題性が上だったのでは?

「クマムシはタイミングが良かったのでしょう。2月にCDデビューを果たし、7月にはセカンドシングル『なんだしっ!』が『PON!』のエンディングテーマに、そして11月にはレコード大賞の特別賞を受賞しました。一方で8.6秒バズーカーは4月をピークに一気に下火になりましたし、とにかく明るい安村が目立ちだしたのは7月頃から。その結果、1年を通して活躍できたクマムシのほうが上回ったのだと思われます」

 ちなみに片岡愛之助との交際&破局で話題を提供し続けた熊切だが、ネガティブな話題では芸人のような流行語が生み出せないため、世間に浸透するパワーが足りなかったようだ。一発屋と言われがちなクマムシだが、ここまでブレイクできたら十分なのかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝
2
MLBオールスター出場〝今永昇太〟はデコピン以下!絶妙哲学コメントをバラエティがガン無視でファン憤慨
3
横浜F・マリノスは間違えた!キューウェル監督の電撃解任で「来季も地獄」が確定
4
妻はロッテに大暴言!謝罪なしの楽天・辰巳涼介「神様は見てくれている」にファンが握りこぶし
5
真美子夫人がやり玉に!大谷翔平レッドカーペット「日本人の褒め方」が明らかにオカシイ