芸能

広瀬すず 「橋本愛」を落としたあの塩顔モテ俳優・綾野剛が急接近?

201512310107hh

 ドラマ、映画、CMと獅子奮迅の大活躍をしている広瀬すず(17)。2016年もさらなる飛躍が約束されている、とばかり思っていたら行く手を阻む“塩顔”狙撃手が登場した!

「歴史に名前が入っていいのかな。これからも全力で頑張ります」

 12月16日、報知映画賞で新人賞を受賞した喜びを語った広瀬。他にも、日刊スポーツ映画大賞、山路ふみこ映画賞、ヨコハマ映画祭などで新人賞を総ナメにしている。

 スポーツ紙文化部記者は、手放しで評価する。

「カンヌ国際映画祭に出品された『海街diary』では、受賞こそなりませんでしたが、綾瀬はるか(30)、長澤まさみ(28)の妹というオイシイ役柄で、みごとに国民的“妹”女優のポジションを手中に収めました。東京ガスCMでの愛らしい娘役。『こんな娘が欲しい』とお茶の間のお父さんの心をワシづかみにした。まさに2015年の顔と言える大活躍です」

 とはいえ、光あれば影あるのが芸能界。昨年6月19日の誕生日前日に出演した「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)で、

「何で自分の人生を女優さんの声を録ることに賭けているんだろう」

 と撮影スタッフ蔑視とも取れる発言をポロリ。翌誕生日に自身ツイッターで、

「誤解を与えるような発言をしてしまい、申しわけありませんでした」

 としたものの、時すでに遅し。

「謝罪したことで天然キャラではなく、本音では裏方スタッフをバカにしているとの印象を植え付けてしまった。それ以前から、ジャニーズアイドルとのツーショット写真が流出していたこともあり、ジャニーズファンから批判される対象となってしまった」(前出・スポーツ紙文化部記者)

 出るクイは打たれる、これも抜群の注目度の証拠だろう。各界からオファーがあとを絶たない広瀬。だが、意外な伏兵が狙っていた。

「芸能界一のモテ男・綾野剛(33)です。すずちゃんはあっさりした塩顔男子がタイプで、特に綾野の顔がどストライクのようです。それを聞きつけた綾野が接近を図ろうとしているようです。綾野は過去に、当時17歳だった橋本愛(19)との“密会”が報じられた前科がある。他にも、戸田恵梨香(27)、成海璃子(23)など、狙った獲物は外さないので心配されています」(芸能プロ関係者)

 スワ、すず危うし!!

 それを知ってか、強烈な「虫よけ」対策が講じられているという。

「すずちゃんの事務所は、かつて北乃きい(24)の朝帰り問題で、大打撃を受けた。稼ぎ頭のすずちゃんのスキャンダルには、目をとがらせている。現在は詰め込めるだけ仕事を詰め込み、遊ぶ暇を与えない。実家から母親を呼び寄せ、監視下に置く二段構えの作戦です。息抜きができず、一時期、精神状態がおかしくなり、様子が怪しくなったほどです」(前出・芸能プロ関係者)

 売り時は今だけにしかたないとはいえ、花の10代にはあまりにも過酷すぎる。

「確かにCMでの見せ方は大きかったが、実は主演ドラマも映画もそれほどヒットはしていない。事務所とのトラブルで干された能年玲奈(22)の空席にまんまと座っただけで、女優としての評価が出るのはまだこれから。1月スタートのドラマ『怪盗 山猫』(日本テレビ系)では、これまでのイメージを覆す天才ハッカーに挑戦している。はたしてこれが吉と出るかどうか。もっとも本人はハッカーの意味がわからず、ネットで検索していたようですけど‥‥」(芸能デスク)

 まだまだ17歳だものね。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
石原さとみ、「前かがみバスト見せ動画」が“1日で100万再生”の大反響!
2
唐橋ユミ、「大きくない」発言を覆すクッキリ衣装で“Dバスト”の根拠映像
3
ついに薄幸が加入!テレ東温泉旅番組に期待高まる「G・G・Hバスト揃い踏み」
4
明石家さんまがグチりまくり!「五輪開会式」出演芸能人から遠ざけられる“ワケ”
5
フジ井上清華、”Dバスト突き出しサービス”に視聴者が歓喜した!名誉挽回の光明