芸能

究極の失笑バトル!?ダレノガレVSマギーはハーフ界の「曙×ボブ・サップ」

20160114darenogare

 新年も明けた1月3日、芸能人が世間からのイメージを予想して当てるトークバラエティ番組「世間とズレてる芸能人は誰だ!?ズレ!オチ」(フジテレビ系)が放送され、20~60歳の主婦100人に聞いたアンケート「バラエティ番組で生き残りそうな女性ハーフタレントランキング」に、ダレノガレ明美と道端アンジェリカが挑戦した。

 そのランキングのトップ10には、上位から順に、ベッキー、SHELLY、ローラ、森泉、春香クリスティーン、ホラン千秋、マギー、藤田ニコルの8名がランクイン。ダレノガレと道端の2人もランクインしているということで、自分たちの順位(誰と誰の間に入るか)を予想した。

 ここで、ダレノガレはマギーより順位が上かどうか考えながら、彼女は「あいつ、事務所の力が強えんだよな~」と皮肉をこめて分析。そして「マギーよりしゃべれんだよ、あたし~。あいつ、つまんねーもん」といきなり毒を吐き、周囲を異様なムードに包んでしまった。そしてランキングの正式発表でマギーは8位、自身は6位という結果がわかると、「めっちゃ嬉しい」と周囲の空気かまわず大はしゃぎした。

 ところが視聴者の多くは、ダレノガレがマギーより順位が上回ったことに対し「どうでもいい」と一蹴。さらに「男の支持率はマギーのほうが確実に上」という声も多数見られた。

「今となってはベッキーのイス争奪戦といったランキングですが、2人とも上から目線で話すスタイルでどっちもどっちですね。自分の型にハマらないとコメントも上手くできないタイプですから、子供や年配にも認知されていたベッキーの後継者には程遠い。好感度も高くないのでCMが増えるとも思えませんし、今後も言いたいことを言うだけのキャラに終始するはず」(女性誌記者)

 ネット上でも「女ハーフタレント界の曙×ボブ・サップだな」など、突き放し感ハンパなし。社会学者の古市憲寿氏が「ハーフは劣化が早い」と発言し問題となったが、この磨かれない芸風のままでは存在感の劣化だけは確実に早そうだ。

(権田力也)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”