芸能

“ベッキーの不貞容認”で炎上ボロ儲け狙いの矢口真里に「お前も休業しろ」の声

20160202yaguchi

 激ヤセ説なども流れ、“レッツ・ポジティブ”どころか、レッツ休業となってしまったタレントのベッキー。騒動当初は彼女を擁護していたタレント仲間の間でも、とばっちりは御免とばかりに“擁護撤回”を宣言する面々が増えてきているが、ここにきて“何にでも絡む”あの女がついにしゃしゃり出たことが話題となっている。

「“不貞先輩”の矢口真里ですね。彼女が2月2日放送の番組『わざわざ言うテレビ』(テレビ大阪)に出演、ベッキー騒動について『世の中の女は不貞行為をしている』『周りがとやかく言うことはおかしい』と発言しているというのです。ネットにこの番宣的な記事が出たわけですが、これにさっそく、とくに一般女性から怒りの声が殺到しているというわけです」(週刊誌記者)

「バカじゃないの? 男を家に連れ込んだアンタとベッキーは立場が全然違うよ!」「芸能界のクズ女のデータだけで“世の中”とか言うのは大迷惑」「お前も要らないから休業しろ」と怒とうの口撃だ。

 ところが、矢口の発言に怒りを通り越して、シラけきった白い目で見ている人たちもいる。

「炎上すればするほど儲かると発言したあたりから、だったら触るのがバカバカしいと、最近はネット民たちからも総スカン状態。彼女も内心アセっていたことでしょう。そこで、ベッキーの、LINEの内容が表に出るなどのリアルな騒動も終わり休業という最終段階にきてあえての擁護発言。タレントたちも発言を控えるようになったこの時点で、生活費稼ぎのための炎上を狙ったのではという見方です。本人の意図はわかりませんが、あながち間違った推測ではないと思いますね」(前出・週刊誌記者)

 自らのことを棚に上げ、さらにバッシングだらけのベッキーを擁護、世の中の女性をあえて敵に回すような発言で“商売”を目論んだと見透かされた矢口。本人は番組放送後に素直に炎上させてくれる単細胞ピーポーが多いことを願っているだろう。

(金子良太)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
深田恭子「“37歳”新・むっちりボディ」の秘密をバラす(1)バストサイズがボリュームアップ
2
どっちなの!?浜崎あゆみ、夜の公園に登場も「チグハグな姿」に総ツッコミ
3
蛭子能収より“クズ!?スギちゃんの「ポンコツ言動」
4
「肌着ライン透け」疑惑まで!吉岡里帆のゾンビムービーがかわいすぎるッ
5
「時効警察」視聴率低迷の“戦犯”に吉岡里帆の名前が挙がり始めた窮地!