芸能

TV美女11人の“極秘”ルーティンを一挙紹介!(2)自分のことを“オス”と称する真木よう子

20160211b

 高級ブランド品をルーティンに取り入れているのが内山理名(34)だ。スポーツ紙デスクが語る。

「連続ドラマなどの大きな仕事に取り組む際、自分へのご褒美として購入するブランド品を決めて、モチベーションを高めていくそうです」

 そんな内山は他人が身に着けているブランド品も気になってしかたない様子。

「収録の合間に私服姿の共演俳優を見つけると、首筋に顔を近づけて『これ、すごくいいですねぇ』なんてホメちぎるんです。襟の裏に付いたブランドのタグを見せてもらうのが彼女流のコミュニケーション。あれだけの美人女優に首元をイジられても、悪い気はしませんからね。ソレ目当てにわざわざ高い服を新調した俳優がいたほどです」(前出・スポーツ紙デスク)

 ブランド物には目もくれず、酒とタバコに走っているのが真木よう子(33)。芸能ライターの平田昇二氏がプライベートを明かす。

「自分のことを女ではなく“オス”と称する真木さんは、仕事終わりにはたいてい酒場に繰り出してストレスを発散させています。メンソールの洋モクを吹かしながら、ハイボールを飲み干すのがお気に入り。あの大きなオッパイを揺らしながら、『店員さん、お代わり!』と男らしく注文する姿が都内で頻繁に目撃されています」

 推定Gカップの真ん丸バストが“ハイボール乳”と呼ばれる日は近い!?

 グラマラス女優として真木の大先輩に当たる藤原紀香(44)はオッパイのケアに余念がない。

「イベントではいつもセクシーな衣装で場を盛り上げてくれる紀香さんですが、乾燥した冬の時期は、控え室にわざわざ加湿器を持ち込むほど肌のケアに気を遣っています。特にこだわっているのが胸元。蒸気をたっぷりと谷間の部分に当てて、ツヤツヤになるまで加湿しているんです」(イベント関係者)

 年内にも片岡愛之助との結婚がささやかれる紀香。人妻になってもムレムレ加湿された谷間でファンを沸かせてほしい。

「楽屋で拭き掃除をしているのを見た時は驚きました。最初はてっきり新人のADかと思ったので‥‥」

 ヘンなクセで番組スタッフを驚嘆させたのは、昨年夏に俳優の山本耕史と入籍した堀北真希(27)だ。

「ゴミやホコリを見ると放っておけない潔癖性のようで、その時はお尻を突き出すようにして、メイク台を拭いていました。そのポーズが、まるでバックをオネダリしているようで‥‥。旦那さんとの愛の巣でも同じように掃除していると思うと、無性にムラムラしてしまいました」(前出・番組スタッフ)

 子作り待ったなしか!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉岡里帆、“バストがFから縮小”疑惑写真で逆に「脱いだらスゴイ」妄想できる!?
2
浜田雅功も絶句!ゆきぽよ、親密男性の薬物逮捕報道で注目された“炙り映像”
3
フジ井上清華、「めざましMC」抜擢で「あの人気アナ」が退社待ったナシ!?
4
まさかお払い箱に!松本人志、「浜田は何も考えてない!」爆弾発言の“深意”
5
美女アナ 朝っぱら情報番組「後継レース」(3)NHK・桑子真帆は結婚で退社?