芸能

TV美女11人の“極秘”ルーティンを一挙紹介!(3)お騒がせ中のベッキーがトイレで行うこととは?

20160211c1st

「絶対に成功させたいバラエティとかでウケたい時はT字型のものをはくんです」

 勝負の時のアンダーウェアをカミングアウトしたのは、アイドルグループ「HKT48」の指原莉乃(23)。昨年11月15日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)で、自身のルーティンについて、こう明かしたのだ。「琴バウアー」さながらに、ヒップもあらわに楽屋で気合いを入れる指原の姿が目に浮かぶが‥‥。

「いまさらTバックと言われても驚きません。というのも、HKTの公演の楽屋では年下のメンバーに抱きついたり、頬にキスするのは日常の光景。本人としてはメンバーの緊張をほぐす目的があるようですが、“サシハラスメント”と呼ばれてグループ内で煙たがられています」(芸能ライター・平田昇二氏)

 指原のAKB時代の先輩である前田敦子(24)は、このところ女優業が板についてきた様子だが、

「映画でヒロインを演じる際、プライベートでは男との関係を完全に断つそうです。性欲をガマンして撮影に臨むことで、相手役の男性を本気で好きになり、スムーズに役作りができるというのが前田の持論。周囲にも『演技にムラムラは必要』と漏らしていました」(芸能記者)

 昨年12月には尾上松也との破局が週刊誌で報じられた前田。さらに“ムラムラ艶技”に磨きがかかりそうだ。

 現在、最も多忙な女性タレントといえば小島瑠璃子(22)。ニホンモニターの調査では、昨年1月から11月末までに429番組に出演して、初めて「年間女王」の座に輝いた。

「胸を大きく見せるために、番組収録中によく着けていたのがヌーブラ。ところが、使用後のヌーブラを楽屋に置き忘れることもしばしば。肌との接着面を上にした状態で放置していたようです」(芸能評論家・織田祐二氏)

 几帳面な性格で知られる小島だけに、バストサイズアップの願掛けだったと信じたい。

「女子アナにとって、トイレは重要なルーティン」

 と指摘するのは前出の平田氏。続けて女子アナのトイレ事情について明かす。

「たとえ尿意がなくても、収録前は必ずトイレに行くように教育を受けています。本番の何分前とか最終打ち合わせ後とか、アナによって行くタイミングは違いますが‥‥」

 不倫騒動で休業中のベッキー(31)にとっても、トイレタイムは重要だった。

「トイレットペーパーの端を三角に折るのが得意なベッキーは、スタジオのトイレでも三角折りの練習をして、収録に向けて精神を集中させていたそうです」(前出・平田氏)

 TV美女たちが我知らず慣行する“極秘”ルーティン。五郎丸や琴奨菊にならって、表舞台でもどんどんお披露目してほしい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”