芸能

SMAP騒動で最注目…女帝が築いたジャニーズ帝国“闇の粛清史”(3)明菜の謝罪会見の裏にもメリー氏の影が…

20160211z3rd

 タレントと事務所を守るためなら、どんなことでもする──メリー氏の豪腕ぶり を世に知らしめた最初の事件 といえば、中森明菜(50)を巡るスキャンダルだろう。

 当時、明菜は近藤真彦(51)と交際を続けていたが、結婚を熱望していた明菜に対し、近藤の熱は徐々に冷めていく。88年には、近藤が明菜の最大のライバル・松田聖子(53)とアメリカで密会し、キス写真が流出する事態となる。ショックを受けた明菜は、マッチの自宅マンションで手首を切った。

「この時、真っ先に部屋に駆けつけたのが、メリー。マッチを守るため、ここから暗躍が始まります。メリーは親身に相談に乗りながら明菜を説得。結婚するためにと、明菜を独立するように誘導します。さらにこの年の大みそか、『婚約会見をするから出てきてほしい』と明菜を呼び出しました。会場には金屏風まで用意されていたにもかかわらず、婚約発表ではなく自殺騒動についての謝罪会見だった。一説には会見直前、メリーが明菜に対して『マッチの将来のために、自殺は近藤さんとは関係なかったと言いなさい』と詰め寄ったと言われています。明菜は完全にハメられ、その後の迷走ぶりはご存じのとおりです」(ベテラン芸能記者)

 まさに今回、SMAPが強いられた“公開処刑”を彷彿させる残酷な裏工作。だが、「豪腕」は、事務所を裏切って辞めていったタレントに対しても容赦なく振るわれた。94年に独立した田原俊彦(54)や95年独立の諸星和己(45)などは、ジャニーズによって仕事を干し上げられた典型だろう。

「いずれも一世を風靡したスーパー・アイドルでしたが、独立後は仕事が激減しています。最大の理由はジャニーズが所属タレントとの共演NGの方針を出したため。実質、『あいつを使うなら、ウチのタレントは出さない』と宣言するようなものです。ジャニーズ頼りのテレビ局が逆らえるはずがない。こうした工作もメリーの指揮だったと言われています」(テレビ局関係者)

 田原はつい最近のイベントで「僕の場合は諦めていたら、すでに巨大組織ジャニーズ事務所を辞めた時に、たぶん完全に消されてた。木っ端微塵になって、今はああ、いたなって立場になりかねなかった」と語っているが、いまだにジャニーズのタレントとは共演できていないという。このことからも、一度でも自分を裏切った人間は絶対に許さないという徹底ぶりがよくわかる。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
奇跡の縦スジが!?新垣結衣「開脚アクシデント」にファン大興奮
2
櫻井翔、「嵐にしやがれ」新企画で懸念される肉体の“激ヤバ変化”!
3
内田理央、「おっさんずラブ」で見せた同性から嫌われない“パセリ女優力”
4
6年間で3安打、木口亜矢の年下夫がオリックスを解雇されるも「あまりに妥当」
5
カンヌも総勃ち!?「万引き家族」松岡茉優の“胸出し”シーンが絶賛の嵐