芸能

橋本マナミ 新ドラマ「不機嫌な果実」撮影現場でスタッフも興奮する“全開”演技

20160407s

 橋本マナミ(31)が、20年ぶりによみがえる伝説のドラマ「不機嫌な果実」に出演する。ベッドシーン撮影前から、ノリノリの橋本。なんと一糸まとわぬ姿で本番の準備をしているというのだ!

 4月29日からテレビ朝日系で放送される「不機嫌な果実」。林真理子氏原作で、97年には石田ゆり子が主演を務め、放送コードギリギリのベッドシーン連発で大いに話題となった。今回の主演は栗山千明(31)で、すでにベッドシーン撮影まで始まっているという。

 一方の橋本は、不倫を楽しむ自由奔放なセレブ妻という役どころ。まだベッドシーンは撮影していないが、番組制作関係者は鼻息も荒くこう明かす。

「橋本さんの濡れ場に向けて“専用下着”をいろいろそろえる予定です。色も清楚な白から、ど派手な黒、赤など。形も、スケスケのレース地から、具が見えるほどの危険な極小パンティなど。『とにかくエロいものを用意する!』と、スタッフも大張り切りですよ!」

 97年に芸能界入りした橋本だが、演技は苦手なようだ。昨年春、キリンのチューハイ「ビターズ」のCM撮影時には、リハーサルの段階で演出家から何度もダメ出しをされてしまい、撮影時間が深夜に及んだ。CMの共演はベテラン俳優・遠藤憲一(54)で、橋本は代役を相手にリハでは苦戦の連続だったというが‥‥。

「セリフらしいセリフもなかったので、何であんなにNGが出るんだとスタッフは不思議がっていました。本番の収録スタートが大幅に遅れて、遠藤さんは控え室でかなり待たされたようです」(広告代理店関係者)

 ようやくリハも終え、本番の撮影に胸元が大きく開いたドレス姿で現れた橋本。待たされ続けた遠藤だが、あまりの色気に当てられ、コワモテを一気に崩し、

「オレは朝までやってもいいんだよ~」

 と冗談を飛ばすほど、ご満悦になったという。「不機嫌──」の番組宣伝用スチール撮影現場でも、すでに橋本の“艶技”がスタッフの間で話題になっている。

「撮影時の橋本さんは、ベージュっぽい色の極小スキャンティー1枚でノーブラ姿。片腕で乳首を覆っただけの全裸でした。ヘアの手入れも完璧で、はみ出した毛は一本もなく、修整をする必要もないほど。ふだんヌードを撮影しないテレビ局のスタッフたちは『さすがだ‥‥』と、ため息交じりに感嘆を漏らしたそうです」(前出・番組制作関係者)

 周囲の熱視線にさらされた橋本は、この時も、

「本番のベッドシーンもOK、これでいきます! 下は男性が脱がしてくれるんですね?」

 と、ノリノリだったとか。

「橋本さんの胸は、Hカップあるようですが、乳房の盛り上がりを強調するためにカップサイズを2つ下げて、Fカップのブラを着けて本番に挑むそうです」(前出・番組制作関係者)

 愛人からエロ妻へ、橋本の進化に期待したい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
割れ目のドアップが?綾瀬はるか、「天国と地獄」で見せた“よつんばい”ポーズの衝撃!
4
茂木健一郎、鼻マスク受験生“頑な擁護”で想起される「松本人志とのイザコザ」
5
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント