芸能

「OUR HOUSE」大爆死で“野島伸司イチ押し”の肩書きは女優にはありがた迷惑?

20160422nojima

 野島伸司氏が脚本を担当した連続ドラマ「OUR HOUSE」(フジテレビ系)が視聴率4.8%という超低空飛行でスタートした。芦田愛菜ら天才子役が登場するホームドラマで、NHK朝ドラ「マッサン」ヒロインだったシャーロット・ケイト・フォックス演じる外国人継母と激しくやりあう様を描いているのだが‥‥。

「裏番組が強すぎて視聴率が伸びなかったと残念がっていますが、単に番組に魅力がなかっただけの話。今時、8人家族なんてありえないし、青い目の嫁を敵対視して『ヤンキー、ゴーホーム』なんて、いったいいつの時代の話かと目を疑ってしまいました。野島氏の時計はヒット作を連発した90年代で止まっているのかもしれません。それにしても、番組公式サイトに寄せられた視聴者の感想が絶賛のオンパレード。『面白くない』という率直な意見や批判的な感想は軒並み削除されているようで、違和感ありありです。ネガティブなコメントすら受け付けない姿勢は、局としての器の狭さが感じられて残念でなりません」(テレビライター)

 今月、野島氏は俳優養成所「ポーラスター東京アカデミー」の総合監修に就任した。リスペクトされる俳優を世に出したいという思いから立ち上げたという。オーディション審査にも参加し、特待生にしたのが、「OUR HOUSE」で末娘を演じる松田芹香だ。

「10年に1人の逸材どころか、『自分が死ぬまでもう会わない存在』とまで断言。才能、品のよさ、独特の透明感、感性がピカイチで、ポスト原節子、自身のヒット作『高校教師』のヒロイン、桜井幸子の再来とまで言い切る惚れ込みようです」(ベテランの芸能ライター)

 野島氏はインタビューで、「お金が欲しくてやるわけではないんで。実際に番組を持っているプロデューサー、現役でキャスティング力のある人間にどんどん見せて『誰かを引き上げるんだ』というふうに、僕は『売ってあげること』をしようと思ってるんですよ」

 と語っている。数字を取れる脚本家の売り込みならすんなりコトは運ぶだろうが、このまま低視聴率が続き、打ち切りということになれば、売り込みなどかなわないのは目に見えている。アカデミーの生徒たちの行く末が案じられる。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
キャンプ激震!西武ライオンズに再燃する「身売り話」の深刻事情
2
深田恭子「貴重な最新ショット」に「安堵」の一方で「気遣い」の声が出たワケ
3
「中に出して!」篠田麻里子のドロ沼不貞で浮上した「激しすぎる車中の情事」
4
これはいったい何が…深田恭子「激変した姿」の衝撃度
5
競馬界に風雲急!ホリプロが藤田菜七子から今村聖奈にシフトチェンジした「実力と性格」雲泥の差