芸能

人気ミセス女優の舞台裏“ムンムン色香”を実況中継!(1)脱・女王様化した北川景子の色香

20160616s

 春・夏ドラマの入れ替え期にあって、4人の人気ミセスたちが舞台裏で色香を振りまいている。新婚間もない女王様には変化が訪れ、肉食系女優は悶々としていた。不運続きの夫に尽くす妻は大きなバストを揺らし、男運のなさに流した涙を隠して美脚を磨く女優もいた。週刊アサヒ芸能が連続キャッチしたツヤツヤな最新言動を公開しよう!

 まず登場する人気ミセスは北川景子(29)だ。7月から放送される「家売るオンナ」(日本テレビ系)で主役を務める。4月29日にDAIGO(38)と結婚式をあげたばかりの北川。現場入りの際には、共演者やスタッフが新妻に対して次から次へと、

「おめでとうございます。すごい結婚式でしたね」

 と声をかける一幕も。北川は満面の笑みを浮かべ、

「ありがとうございます」

 と答えたのだった。

 13年には、関西の大御所・浜村淳(81)が、冠ラジオ番組「ありがとう浜村淳です」(MBSラジオ)で、

「今までインタビューした人で、いちばん困ったのは北川景子。こちらが何を質問しても答えてくれなかった。ムスッとした態度のまま、質問にはロクに答えない」

 と暴露した。この種の“前科”には事欠かない女王様ぶりを芸能記者が語る。

「もともと女性同士のつきあいが苦手でした。女性スタッフに冷たく、男性スタッフには笑顔で接することから、現場の評判がとにかく悪かった」

 今作ではイモトアヤコ(30)と共演する。2人の関係は、以前の北川からは想像もつかないほど良好なものとなっているようだ。スポーツ報知で競馬予想をしている夫について、イモトが北川に、

「DAIGOさん、ほんとに競馬強いの?」

 と問いかけると、

「ウフフ、当たった時しか自慢しないから」

 と大笑いしながら大声で話している場面もあった。しかも言葉遣いはお互いにため口。新婚生活のことまでうれしそうに話しているというのだから、人間は変わるものである。

 制作関係者が明かす。

「特に色っぽいのが唇と目です。下唇がプルプルしていて、大きな目がいつも潤んでいます。メイクのノリも違うようで肌も潤っていて、首から胸元へのラインが特に美しい。この作品はロケが多いので、北川さんは手や手首、首筋に日焼け止めを塗っています。太陽の下で透き通るうなじに、若手スタッフは見とれていますよ」

 クールビューティから、スマイルビューティへの激変と、体のみずみずしい張りでバレたのが「夜の生活の満足度」だ。スタッフたちは、

「満たされている」

 と口をそろえている。以前の北川なら、現場でこんな陰口を耳にすれば、烈火のごとく怒ったに違いない。北川が変わったことで、雰囲気も良好だという。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
松井秀喜が選ぶ「プロ野球ベストナイン」で「あいつはラクした」辛口評価の遊撃手
2
WBC「代替枠4人」候補に挙がる落選組「ベテラン投手」の名前
3
トヨタ社長交代でカーマニアが沸き立つ「あの名車」復活劇
4
「料理はプロ級の腕前」なのに…木村文乃が打ち明けた「衝撃の事実」
5
習近平のウソつき癖が治らない「春節期間中にコロナ感染爆発は起きなかった」の「死者隠蔽」実態