芸能

清原和博 有罪判決後の「逆風の更生ロード」肉声を独占入手!(1)外出ができない現在の様子は?

20160616n

 清原和博被告に有罪判決が下され、一連の騒動に終止符が打たれた。しかし、ファンが望んだ会見はついに開かれずじまい。世間とは距離を置きつつも再生を目指す番長は今、何を思っているのか──。本人の肉声を独占入手した。

「外出ができないので趣味だった酒、女、クスリ、全てを禁じられてしまった。今は新たな趣味の開拓に取り組んでいます。スマートフォンゲームを紹介されたんですが、もともと機械に疎く、スマホも昨年の秋に持ち始めたばかりだからなじめなかった。結局、自宅で支援者が差し入れたDVDをずっと見ています。お気に入りなのは海外ドラマ『24』です。時間を忘れて見続けていますよ」

 5月31日、覚醒剤取締法違反で罪に問われた清原和博被告(48)に懲役2年6カ月、執行猶予4年の判決が下された。閉廷後には傍聴席に向け「このたびは申し訳ありませんでした」と謝罪し、頭を下げたものの、その後は保釈、公判時同様、支援者の車に乗り込み、メディアの前から姿をくらませた。

 現在は、友人の支援者I氏が所有している都内の高級マンションの一室で隠棲生活を送っている。冒頭の発言はI氏の友人が語った清原の現在の様子である。

 ところで、清原の友人だというI氏とは何者か。

「2人の出会いは10年前。Iが経営する六本木のサパークラブ『N』に清原が客として訪れたことがきっかけです。Iは野球には疎いのですが、地下格闘家として活動していて格闘技という共通の話題で意気投合したんです。清原より年は6つ下ですが、『キヨさん』と呼ぶほどフランクな関係を築き、今では清原の一番の親友です」(飲食店関係者)

「N」では、清原が頻繁に訪れるたび、複数の女性と戯れる姿が目撃されてきた。

「いつも女の子を6、7人連れてたね。清原は女性の脚に関心が強く、『ブスでも脚がきれいならええ』と豪語するほど。酔うと脚やケツをなで回すから、女の子たちからは嫌がられてたけど、帰り際に『タクシー代だ!』って1万円ずつ渡すことで番長キャラを取り繕ってた。従業員にも毎年正月にお年玉として1万円渡してたってね。ポチ袋にはきれいな字で『清原和博』と署名してあって、渡す際に『この前は酔っ払ってすまん』と言いながら渡してたっていうから、口止め料のつもりだったのかな(笑)」(「N」の常連客)

 徐々に2人は蜜月の関係を構築していった。結果、清原が仕事に窮するようになると、I氏が後見人のような立場も兼ねるようになる。昨秋、清原は芸能界を経由して球界に復帰しようと計画していたが、足がかりとして選んだブログでの情報発信もI氏が裏で手を回していたという。

「ブログの運営元と清原を取り持ったのがIでした。自分もブログを開設していて、アクセス数や広告のクリックに応じてお金が入るシステムを熟知していた。清原さんは月100万円ほど稼いでいて、その収入で生計を立てていました。野球しか知らない清原さんにとって、Iは人生のフィクサーです」(前出・I氏の友人)

 この友人によると、清原は逮捕後、I氏に対し「力を貸してくれ」と頭を下げたという。地裁や病院へ清原を送迎し、入院した病院に張り込んでいたマスコミへ焼き肉弁当を差し入れたのもI氏だった。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
日本ハム・新庄監督が名誉挽回で動く「坂本勇人&マー君」ダブル獲りのサプライズ
3
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…
4
黒柳徹子が「どっちでもいい」バッサリ!ホラン千秋の「徹子の部屋」残念発言
5
森口博子が「ああん…何か変な気持ちになってきました」苦情殺到の生放送事故