芸能

あの女性タレントが顔から地面に直撃!「ロンハー」ドッキリであわや半身不随事故

20160704londonboots

 7月1日、バラエティ番組「アメトーーク!&金曜★ロンドンハーツ 姉妹番組3時間SP!!」(テレビ朝日系)が放送された。

 今回は2つの番組が前半と後半に分かれ、「アメトーーク!」パートでは、FUJIWARA藤本敏史とアンタッチャブル山崎弘也が芸人のネタをアレンジする「パクリたい-1グランプリ」が、そして「ロンドンハーツ」パートでは、有名人に様々なドッキリを仕掛けていく「輝く!日本ドッキリスター大賞2」がそれぞれ放送された。

「アメトーーク!」スペシャルといえば、かつては最新電化製品を紹介する「家電芸人」や、人気マンガについて語り合う「ドラゴンボール芸人」などが好評を博していた。しかし昨今は、「パクリたい-1グランプリ」「ビビり-1グランプリ」「運動神経悪い芸人」など、企画がパターン化しているため、視聴者からは「マンネリ」との声が殺到している。

 また今回の「ロンハー」が行ったドッキリ企画にも、辛辣な意見が続出したという。

「ドッキリの中で、エステでリラックスしている状態のまま突然、90度の角度でベッドが勢いよく跳ね上がる『ロケットベッド』という企画が放送されました。芸能人はそのまま顔面から地面の粉に叩きつけられるのですが、タレントの祥子などは受身を取れない状態のまま激突し、ヒヤっとするシーンもありました。そのため視聴者からは『首が危険すぎる』『半身不随の事故が起こる前にやめたほうがいい』『なんでバラエティ観てヒヤヒヤしなきゃいけないの?』と企画に対し厳しい声が殺到したのです」(テレビ誌記者)

 ドッキリといえば、最近もとんねるずの番組で平成ノブシコブシの吉村崇が、イスのひっくり返るドッキリが危険すぎるとネットが炎上した。今回も事故を想像させる危険なドッキリだったため素直に楽しめないという視聴者が多かったようだ。

(森嶋時生)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
芦田愛菜、ボディの“S字ライン”クッキリ急成長に「もう大人のオンナ」大絶賛
2
橋本環奈“Dバスト”がきつくて苦しい!?自ら明かした「肌着事情」
3
土屋太鳳、Gバストがくっついたり離れたり!弟・神葉に羨望の声が出た密着映像
4
本田真凜に「大人のオンナ」指摘…宇野昌磨との関係も納得の“経験済み”進化
5
「こっちも信用しない」!林家三平に円楽が放った「生放送ダメ出し」の痛烈中身