芸能

「仮面ライダースーパー1・高杉俊介」5000万円借金踏み倒しヒーローの「無反省余罪」

20160714e

 仮面ライダーがファンから金を無心──。ウソのようなホントの醜聞に、恥の上塗りとなる「無反省余罪」が発覚した。被害者多数、莫大な借金を踏み倒した正義のヒーローは、返済を迫るファンをひき殺す寸前だったというのだ。

 借金騒動が明るみに出たのは昨年2月のこと。「週刊ポスト」誌上で、80年放送開始の仮面ライダーシリーズ第7作「仮面ライダースーパー1」(TBS系)で主演を務めた俳優・高杉俊介(66)が、ファンから総額5000万円超の借金をしている、と報じられた。

 ここ数年はめぼしい仕事もなく、だまし取った金は生活費に消えたと見られる。

 借金の内訳は、1人約2400万円という“大口”が2件、他にも数万円から数十万円を複数のファン、関係者から借りており、そのほとんどを返済していない。高杉が09年の一時期だけ俳優として所属した制作会社の社長で、自身も借金トラブルに巻き込まれた平山陽氏が語る。

「私たち関係者の間では、高杉のことを“つきもの”と呼んでいます。まるで取りつくように寄生先から借金を重ねているからです」

 金を引っ張るための泣き落としの手口も多彩で、

「ヤクザから(仮面ライダーの)変身ベルトを取り戻したい」

「明日までに金を払わないと東京湾に沈められる」

「これから闇金融に行ってきます」

 と、手を変え品を変え理由を作り、相手の同情を誘うのだという。

「“ヒーローなんだから、お金を返さないはずがない”と思ってしまうんだそうです。そんなバカな、と思われるかもしれませんが、そういう洗脳状態に持っていくのが非常にうまいと思います」(前出・平山氏、以下証言は平山氏)

 その“洗脳”が解けたファンから訴えられ、今年4月8日に本件では初となる裁判が開かれた。高杉が出廷しなかったため、平山氏や大口被害者の女性ファン・Aさんらが自宅を訪ね、高杉が土下座して返済を約束した場面は、複数の情報番組でも報じられた。

 そして、4月22日、前回とは別の元ファンによる裁判が再び開かれた。しかしまたも高杉は現れない。

「もう一度、高杉の自宅を訪ねました。でも誰もいる気配がない。帰ろうとしたところ、偶然近くのスーパーマーケットに高杉の車が止められているのを見つけたんです」

 平山氏らが前回訪問時に確認したところ、高杉の車はふだん、家の近くに路上駐車されており、あげく車検の期限が平成27年10月で切れていたという。

「それらしき車がある、と近づいてみてわかったんですが、運転席と助手席のシートを思い切り倒して、高杉本人と、彼と同居している20~30代の女性がそこに身を潜めていました」

 つまり、“裁判がある日はあいつら(ファン)が家に押しかける”と「学習」した高杉が、わざわざスーパー駐車場に避難して隠れていたのだ。さて、平山氏らがゆっくり車に近づくと──。

「高杉の車が急発進したんです。それを止めようと、我々の一人が進行方向に立ちはだかったんですが、車はブレーキもかけずに一気に走り去っていきました」

 ひかれる寸前だった男性は、減速しない車に驚いて身を翻したが、そのとっさの判断がなければどうなっていたことか‥‥。

 5月30日に放送された「とくダネ!」(フジテレビ系)のインタビューで、高杉は借金について、こう語っている。

「逃げたりとか隠れたりとかするわけもなく、真摯にこれから本当に少しずつですけど、頑張ってお返ししていこうと思っています」

 ここまで言行不一致が徹底しているとは、かえって見上げたものか‥‥。実は、寸借詐欺まがいの無心は、発覚よりずっと以前から続けてきたようである。

「ライダー時代に、子役のお母さんから金を借りたことがある、とも聞きました。今回の騒動は氷山の一角で、現在進行形で無心を受けているファンがいてもおかしくない」

 週刊アサヒ芸能も高杉に取材を試みたが、何度電話してもつながらなかった。ヒーローという“仮面”をかぶっていても、借金怪人の本性は隠せなくなってきたか──。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
徳光さんも激賞!「嵐の24時間テレビ」、日テレの「続投」思惑を阻む“壁”とは?
2
二階堂ふみ「情熱バスト」で宮沢りえ、沢尻エリカを圧倒も懸念される材料とは?
3
蘇る“朝ドラ女優”の艶演技(1)闇夜の一人プレイで豪快に果てた尾野真千子
4
「あな番」で演技力を知らしめた横浜流星を最終回で待ち受けていた残念な設定!
5
胸の先端がピンコ立ち!映画「人間失格」で「マッパになった」大物女優とは