社会

オウム残党「首都圏にサティアン建設」戦慄実態(3)

メンバーの「カルマ」を指導

 犯罪的と言える麻原帰依は、オウム残党のアレフのみならず、アレフに属さない少数信仰グループによっても進められている。前出・元信者が明かす。

「大きいのはまず、横浜のケロヨングループ。ここには28人います」

 これは、95年の強制捜査後にオウムから分裂した一団。「原点に帰る」意味でカエルのマスコットを持ち歩いていたことから、ケロヨンと呼ばれる。代表の北沢優子被告は04 年、修行中のメンバーを竹刀で叩くなどして死亡させた傷害致死事件で逮捕、起訴され、懲役8年の有罪判決を受けている。元信者が続ける。

「リーダー不在で活動を続ける彼らは『麻原が事件を起こさなかったら、今の日本のダメなところが噴き出てこなかった』と言う。ゴタゴタしている政治状況などを指すようで、つまり、サリン事件を肯定している。アレフの道場を使い、ふだんはサラリーマンやパートタイマーとして収入を得ています。夫婦もいれば、子供もいますね」

 昨年末、ケロヨングループのメンバーによるカラオケ集会が、横浜市内のカラオケボックスで開かれた。そこに参加したグループ関係者が明かす。

「まず、最近の活動報告をする。同僚がこんなことで悩んでいる、あのメンバーにはこういうカルマが残っているからこう指導してあげなさい、という相談もあった。それから低い声でマントラ(呪文)を3回唱え、手を合わせました。相変わらず、オウム、麻原称賛です。連れてきた子供たちは、アンパンマンの歌などを歌っていました」

 横浜にある別のグループは8人。「何があっても麻原は絶対」と、強烈な信仰心を維持しているという。

「あとは大阪・寝屋川市を拠点とする12人前後のグループ、20人ほどの名古屋グループ、福岡や仙台のグループなどがある。オウム裁判に関わった弁護士の一人は、『北海道に十数人のグループが7つある』とも言っています。こうした少数グループが全国に100ほどあるということです」(前出・元オウム信者)

 一方で“個人活動”を続ける元信者も数多く存在する。さる「1人オウム」はこう話す。

「アレフ、元オウム仲間とは一切、連絡を取り合っていないし、元オウムだと周囲に知られたくない」

 社会にバレぬよう、あくまで個人的かつひそかに信仰を続けているというのだ。

カテゴリー: 社会   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
藤原紀香、広末涼子…今年前半は芸能人夫婦の“改元離婚”ラッシュが起きる?
2
松本人志・三又又三「絶縁騒動」に続きあの“電撃”芸人にも金銭トラブルが
3
中居正広、2番組打ち切り報道で急浮上した「ポスト中居の意外ジャニタレ」
4
「ゴチ」に千鳥ノブ加入で「これでアノ男はなおさらいらない」の声続々!
5
西野カナの休養宣言で芸能界に広がっている「意外な風評被害」とは!?