芸能

バリケード強行突破!欅坂46を引きつらせたファンの熱度は「死者が出るレベル」

20160811keyakizaka

 人気の高さはわかったが、さすがにこの事態はメンバーも喜べない。

 8月5日~7日までの3日間、お台場でアイドルフェスティバル「TOKYO IDOL FESTIVAL」(TIF)が開催された。同イベントは200組以上の女性アイドルが出演するアイドルファンにはたまらない日本最大規模のアイドルイベントということもあり、大いに盛り上がったようだ。

 なかでも多くのアイドルファンの注目を集めたグループが、1stシングル「サイレントマジョリティー」が女性グループのデビューシングルとしては過去最大の週間売り上げを記録した欅坂46。TIF2日目の8月6日、欅坂は野外ステージとZepp ダイバーシティ東京の2ステージに参加したが、2ステージ分の整理券4000枚は即配布終了という圧倒的な人気ぶり。と、そこまではいいのだが、ステージを終えてみると、現地のアイドルファンの民度の低さが露呈される悲しい結果となってしまった。

「問題が起きたのは同日の欅坂の野外ステージでのライブでのこと。同ライブ開始前は、来場者は整理券に書いている番号の若い順に整列して待機していたのですが、座席が指定されているわけではないため、全員が少しでもいいポジションでステージを見ようと壮絶な場所取りが行われました。その時の動画がネット上で拡散されていますが、本来はスタッフの指示のもと、観覧エリアにゆっくり入っていくはずでしたが、ファンはスタッフの指示も待たずして、観覧エリアに侵入。ファンの侵入を防ぐために設けられていたバリケードも強制突破され、雪崩のようにエリアに入っていく映像が話題になっています。バリケードを抑えていたスタッフたちはその民族大移動に巻き込まれ、転倒したりと非常に危ない現場だったようですね」(アイドル誌記者)

 この拡散された動画について、ネット上では「死者が出てもおかしくないな」「来年からイベントが中止になっても文句が言えないレベル」「アイドルファンっていったい何なんだ?」というあきれ声があふれ返っている。

「強面の警備集団が配置されて全体的には騒動は少なかったと聞きますが、欅坂46のイベントはそれでも抑えきれないぐらいのファンの熱度。パフォーマンス中のメンバーたちが観客席を見て、引きつった顔をしていたのが印象的でした」(前出・アイドル誌記者)

 結成1年というアイドル経験もまだ浅い欅坂のメンバーたちも、悪い意味でアイドルオタの恐ろしさが身に染みたに違いない。

(本多ヒロシ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ラブリ、「書類送検のタイミング」で生じていた「外見の劇的変化」
2
「バイキング」坂上忍も呆れ返った?松嶋尚美、不織布マスクの仰天使用法とは
3
神田愛花、日村が心配!体臭好き“下半身奇行”にドン引きの声
4
フジ渡邊渚のGカップが狙われる?ファンが警戒する伊野尾慧のバスト好き疑惑
5
吉岡里帆、“バストがFから縮小”疑惑写真で逆に「脱いだらスゴイ」妄想できる!?