政治

舛添要一 小池新都知事誕生の裏で進める「銭ゲバ」カムバック作戦

20160818_25f

 大量得票を獲得し、小池百合子新都知事(64)が堂々初登庁した。これも政治資金を不正使用した舛添要一前都知事(67)の“置き土産”だが、当人はほっかむりしつつ復帰に奔走しているようで──。

 得票数290万票以上と、都知事選初当選では歴代2位の圧勝をひっ提げ、8月2日に初登庁した小池知事。選挙では自民党都連と対立したものの、4日に行われた安倍晋三総理大臣(61)との対談では総理みずから、

「一本取られました」

 と白旗を揚げた。同日には、石原伸晃経済再生担当相(59)と、「都議会のドン」内田茂都議(77)が仲よく都連会長、都連幹事長職を引責辞任。このことからも、安倍総理が強調する小池知事との「融和」は、本気のようである。

 一方、「資料」として政治資金で美術品を購入などして、都庁から追われた舛添前知事にも動きがあった。小池知事初登庁前日に、公私混同「疑惑」が「違法」と判断されたのだ。ある政治部記者が語る。

「1日、都監視委員は公用車を使った湯河原の別荘通いを無罪としました。しかし、コンサートや野球観戦に家族同伴で公用車を使った件は違法と判断したのです」

 これを受けた都は、今月中にも舛添前知事にガソリン代などの返還を請求する予定だ。それでも当人が猛省しているかというと、そうでもないようだ。ある制作会社スタッフが進行中のカムバック作戦を明かす。

「すでに何社かのテレビ局に、舛添さんのスタッフが復帰出演の企画を持ち込んでいると聞きました。リオ五輪、パラリンピック終了後のテレビ復帰を模索していたようです」

 テレビ朝日では「報道ステーション」内で、レギュラーコメンテーターの朝日新聞論説委員との対談などの企画があがった。しかし、銭ゲバぶりに二の足を踏んでいるという。

「局アナ以外の、他の出演者はなしという条件が出されているそうです。また、最初の独占として高額なギャラの交渉が行われたようです。最初の告白ですから文化人枠の通常の20倍で、1時間500万円です」(前出・制作会社スタッフ)

 舛添氏といえば、元関係のあった女性との間に子供がいる。14年に参議院議員を辞職し、最初の都知事選に出馬した時には、養育費の減額を申し出たことが報じられた。

「お金はあまりないと言われています。焦っているんですかね。大手出版社に告白本の出版企画を、舛添さんのスタッフが持ち込んでいるとは聞きました」(前出・政治部記者)

 そんな中、内定状態になっているのがフジテレビだという。

「国際政治学者の立場でEU分裂、中国の東シナ海問題、ロシア問題を解説してもらう2時間特番です。自身の事件を振り返りながらという形ですが、年末の予定を、9月末に繰り上げるという話ですよ」(前出・制作スタッフ)

 来年にはレギュラー獲得を狙っているという舛添前知事。しぶといと言うか何と言うか──。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
嵐・相葉主演ドラマが爆死状態で“なりふり構わぬテコ入れ作戦”始まった!
2
関ジャニ大倉、ファンからカバンに「使用後肌着」大量入れられ被害の“苦悩”
3
櫻井翔が披露した「嵐グループメール」のレスの速さにファン驚嘆!
4
今年もダウンタウンが「嫌いな芸人」1位!選出される“キーワード”とは?
5
フリー転身も間近?TBS宇垣美里、先輩・田中みな実を超えた「名艶技」!