芸能

ファンの名前を即答!乃木坂46秋元真夏が起こしたミラクルに感動の嵐

20160814nogizaka

 8月6日放送のバラエティ番組「家、ついて行ってイイですか?」(テレビ東京系)に、乃木坂46の大ファンが登場した。

 同番組は、終電を逃した一般人に話しかけ、タクシー代を支払う代わりにその人の家までついて行き部屋を見せてもらうという内容だが、この日出演したのが乃木坂の熱狂的なファンである大学生の男性だった。

 この男性は推しメンは秋元真夏。じつこの日、秋元も出演者の1人だったというちょっとしたミラクルが起きていた。出演者たちはその男性のVTRを鑑賞するスタイルのため、秋元とファンの大学生が直接顔を合わせたり、会話するようなことは一切なかったのだが、ここで見せた秋元の反応が乃木坂ファンの間でもちきりだ。

「秋元はファンの男性がカメラに映されるなり、『あっ、この方‥‥私の握手会めっちゃ来てます』と即座に反応。さらに『名前も知っているぐらい』と語り、番組共演者が試しにそれを秋元に尋ねてみると、秋元はみごとに名前を言い当ててしまった。ファンの大学生も、秋元の誰に対しても謙虚でファン想いなところに惹かれたと話していましたから、あとで番組を観て飛び上がって喜んだでしょうね。だって、推しメンがしっかり自分のことを名前まで覚えていてくるんですから」(アイドル誌記者)

 番組を観ていた乃木坂ファンもこれには驚嘆。「さすが真夏さん、そこですぐにファンの名前が出るのはスゲエ」「握手会に行く価値が増した」「さすが乃木坂イチの釣り師。これぞプロだね!」と称賛の言葉がこれでもかと並んだ。

 このラッキーなファンも、まさか自分の出演した番組を秋元がモニタリングしていたとは夢にも思わなかったはず。アイドルとファンをとりまく“真夏の夜のちょっとイイ話”といえそうだ。

(石田安竹)

関連記事:乃木坂46秋元真夏はオトコを「ブタ呼ばわり」する超ドSキャラ!? http://www.asagei.com/excerpt/38380

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
2
小川直也が22年後にバラした「猪木の絶対指令」橋本真也を殴る蹴る/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
3
武豊ドウデュース1着固定は危ない!淀の「宝塚記念」に潜む「誰もが触れない」大きな罠
4
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
5
幸運を呼ぶ新幹線点検車両「ドクターイエロー」が引退!「撮影会と体験乗車」は必ず見られる最後のチャンス