社会

野田総理よ、ここまで言っても原発を動かすのかっ(3)

原発以外の産業の誘致を!

 原発と共存しているかに見える住民にも、違った本音がある。居酒屋で会った原発の下請け会社で働く30代男性は、アルコールが入るとこう吐露した。

「ここらの人間は、大飯だけじゃなく敦賀(原発)でも働いておる。でも、他に安全な仕事があればそっちをやる。結婚し、子供が生まれ、よけいにそう思う」

 野田総理が「自治体のご理解」と言うのは、ひとりひとりの住民の思いなどではない。あくまで、5月14日の「おおい町議会」の採決である。その採決に唯一、反対票を入れた猿橋巧町議はこう話す。

「そもそも政治家が技術論を語って、決めることがおかしい。結局、安全第一とか言いながら、雇用や経済問題にすり替えている。他の町議からも『1週間で決められない』『福島の現場を見てから判断しては』との意見もありましたが‥‥」

 しかし、地元住民には現実的な雇用問題がある。

「もちろん、(原発を)止めろと言っても、町民は納得しません。この町は交付金で潤ってきたのですから。町の予算は約140億円で、同規模の自治体の約3倍です。その甘い蜜を吸って、原発以外の企業誘致の努力を怠ってきた。もはや脱原発の流れは止まりません。そこで、私は廃炉をビジネスにすべきと主張している。1基廃炉にするのに800億〜1000億が必要であり、並行して既存のタービンや送電線を使って新エネルギーを生む施設を造れば、雇用と財源を生みます」(猿橋氏)

 時岡忍町長はこの提案をどう受け止めているのか。大飯原発が送電を開始した7月5日早朝、直撃した。

「福島の事故を契機に、原発に頼り切るのではなく、別の産業も取り入れる必要性を感じています。しかし、これも国の方針しだいです。野田総理は国が一元的に責任を持つと明言してくれませんでした。だから、私は昨日の懇談会で牧野聖修経産副大臣に言いましたよ。『議員さんが原発をランク付けしとりましたが、必ず政府がフォローしてください』とね。ランキングを出すだけ出して、『はい、さよなら』では不安が広がるだけです。避難道を造る案を出したら、その大島の住民から『どこに逃げるんや。わしらここで死ぬわ』と言われたこともある。国にははっきりとした態度を示してもらいたい」(時岡氏)

 原発近隣の住民の絶望感は町長にも届いていた。

 その日の夕方、おおい町で美しい夕暮れの中、幼い兄弟が仲よく自転車をこいでいる姿を見た。こんな子供たちに、これ以上の絶望は感じさせたくない。

カテゴリー: 社会   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
片瀬那奈 事務所退所で引退危機も「1億円」であの業界からオファー?
2
上白石萌音、広瀬すずの美バストがくっきり!2021年の“アクシデント”ショット大賞が決定
3
水卜麻美アナ、先っちょが浮き出てる!?視聴者を騒然とさせたバスト張り出しシーン
4
岡副麻希、視聴者騒然!シートベルトがガッツリ食い込んだ“Cバスト”のド強調
5
加藤綾子 入籍から半年経過も「別居婚継続」の真相