スポーツ

大仁田厚「借金5000万円踏み倒し」邪道本性を憤激告発!(3)外車も転売してフトコロに

20160929t3rd

「弁護士から5000万円の返金を求める訴訟の提案もあったかと記憶していますが、当時、私は100億円規模のビジネスを動かしていたので、大仁田とのトラブルに多大な時間を割くほど暇ではなかったのです」

 こうしたトラブルのほか、大仁田は別のセコい一面ものぞかせていた。元公設秘書が明かす。

「当時、神長さんはアメ車の販売も手がけていた。その宣伝広告の一環として、自社のロゴが入った総額1000万円もするハマーを大仁田にプレゼントしたんです」

 もちろん、これは単なるプレゼントではなく、

「その車に乗ってもらうことで(ロゴを露出させ)会社の宣伝になる。そうした意図がありました」(神長氏)

 ところが大仁田は、そんなことはおかまいなし。

「数カ月後には転売していた」(前出・元公設秘書)

 07年7月、大仁田は国政から引退。その背景には、国交省の役人やAV女優を自宅に招いての乱交パーティ報道などのスキャンダルがあったとされる。神長氏もまた、大仁田のそうした一面を見ていた。

「当時、私は青山でレストランも経営していましたが、大仁田はそこに、派手なメイクで高いヒールを履き、下着姿のような露出の激しい格好をした女を連れて来店した。その子は未成年だったわけですが、大仁田は平然と酒を飲ませていました。毎回の支払いはツケでしたが、一度も払ったことはありません」

 さらに、元公設秘書と親交のあった格闘技関係者は、大仁田が参院選に初当選したあと、「支援者を増やしたいので、若手の経営者を集めた食事会を開いてほしい」と頼まれ、赤坂のレストランで夕食会を開いたというが、

「遅刻して現れた大仁田は『まだ仕事が残っている』と途中退席した。夕食会後に近くの居酒屋に入ったら、そこに大仁田がいて、ホステス風の女と一緒に酒を飲んでいました」

 さて、問題の5000万円はというと、大仁田は金銭消費貸借契約書と抵当権設定契約書を用意することもなく、

「大仁田の携帯電話にも直接かけましたが応答せず、コールバックもなかった。結局、その後は音信不通になりました」(神長氏)

 これが08年3月のことである。大仁田サイドの弁護士とも連絡が取れなくなったという。

 大仁田は別の恩人からも金を踏み倒していると、前出・元公設秘書は言う。

「同時期に北関東の不動産会社の社長も大仁田に1000万円を貸していますが、それも返済していません。その社長は『大仁田という男の本性がよくわかった。高い授業料だと思っているから、もう諦めているよ』と話していました」

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人
2
中日OB名球会打者が「根尾昴は投手ムリ」バッサリ斬って立浪監督にも真っ向ダメ出し
3
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
4
年金未払いで参院選出馬の神取忍「細かいことはわからない」に騒然/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
5
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること