芸能

坂口杏里「艶系NO.1」宣言にネット民が「キララに勝つつもりか?」と失笑

20161012sakaguchi

 10月5日に放送されたバラエティ番組「リンカーン芸人大運動会」(TBS系)でバイきんぐ・小峠英二が、ANRIとして艶系女優ライフをスタートさせた元カノ・坂口杏里に対し、「一度愛した女として、全力で応援しますよ! 頑張ってください」とエールを送ったことが話題になっている。

 元カノがどういった人生を歩もうと温かく見守る小峠の優しさに、視聴者からは「男前」と絶賛する声が多く聞かれたが、一方で、坂口には痛烈コメントがさらに殺到しているようだ。

「番組翌日、坂口はこの話題をフォロワーから振られ、小峠に対して『大好きだったよ。ビジネスじゃない』と、小峠同様に本気だったと主張。しかし、小峠の鉄板ゼリフをデビュー作のタイトルに使用するなど究極の便乗商法をやっているだけに、何を言おうと小峠を踏み台にしていると批判されてしまう。坂口は『あることないこと書かれた』と被害者面もしていますが、火のないところに‥‥という言葉が彼女にはピッタリですからね」(週刊誌記者)

 しかも、坂口の小峠に対するツイート以上に批判が多かったのが、同日に投稿された「やるからには誰に何を言われてもどれだけストレス抱えてもトップになりたいな」と、艶系女優でNO.1を目指すという目標を掲げた別の投稿だ。

 この発言には艶系マニアのネット民たちからは、「あの世界をナメすぎ」「明日花キララに勝てると思ってるの?」「本気だったらあんなにボーボーな下半身をさらすわけがない」など、過激な声が連打されることとなった。

 デビュー作は話題性もあり、ネット通販サイトで1位を獲得するなど爆死を逃れたが、第2作へ期待する声は今のところあまり聞かれない。トップ女優の明日花キララは銀行口座に「ざっくり1億円」とバラエティ番組で告白したが、坂口が世間を見返すには相当なパワーと努力がこの先も必要だと思うが‥‥。

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田真凛、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
2
太川陽介のバス旅、あのマドンナが「ヒップ躍動」魅せ!新たな見どころになるか
3
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
4
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
5
フジ井上清華、「めざましテレビ」では見せない“ギャンブラー”本性