芸能

小倉智昭の冷徹な「ミスコン廃止論」に「感性までズレてるのか!」

20161012ogura

 10月4日、慶應義塾大学が恒例の「ミス慶應コンテスト2016」の中止を決定した。

 開催中止に至った原因は同コンテストを運営する慶應義塾広告学研究会が活動の一環で滞在していた宿泊先で懇親会を行い、その中で複数の未成年が飲酒したことが発覚したためだ。また、「ミスター慶應コンテスト」は別団体が運営しているため、今のところは通常通り開催予定とのこと。

 ご存じ、「ミス慶應」には過去に元TBSの青木裕子、テレビ朝日の竹内由恵アナ、フジテレビの小澤陽子アナなどの名前がズラリと並び、将来女子アナを目指している美女にとっては「ドラフト」にも近いコンテスト。そのため、今回の中止報告にファイナリストたちは大ショック、同研究会の公式ホームページに掲載された彼女たちのコメントにも「涙が止まりません」などの書き込みが目立っていた。

 しかしそんな彼女たちの思いを知ってか知らずか、大胆な発言をして注目を集めたのがフリーキャスターの小倉智昭だ。

「小倉は5日放送の『とくダネ!』(フジテレビ系)で『大学のミスコンなんかやめてもいいんじゃないかと僕は思いますけどね』と持論を展開。これにアシスタントを務める同局の梅津弥英子アナが『泣いちゃってるファイナリストもいますよ』とフォローを入れるも、小倉は『泣いててください』と容赦なしの一言をぶつけました」(週刊誌記者)

 小倉と同じようにミスコン反対派の人も世間には多いためこの発言に賛同する声も聞かれたが、一方でミスコンを楽しみにしていた人たちからは批判が殺到。ネット上では「ちょっと言い方が酷すぎる」「あの部分だけじゃなく感性までズレてるのか!」など、批判的な声がこれでもかと上がっている。

 人気ゲームアプリ「ポケモンGO」の騒動時も「だから何なの?」と冷めた反応をしたことでも叩かれた小倉。気持ちはわかるが、報道する立場の人間としてもう少し言葉を選ぶべきだと感じた人が多かったようだ。

(本多ヒロシ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
マツコが正解じゃん!?N国党・立花党首の「崎陽軒叩き」に横浜市民ブチ切れ
2
アレ、胸が…!? 宇垣美里、可憐なワンピース姿に世の男性たちが目を疑った理由
3
前と横、後ろから!土屋太鳳「Fカップボディをまるごと味わえる投稿」が大好評
4
宮迫博之と入江慎也がシェアする「中目の女」のテクに吉本芸人がメロメロに!
5
土屋太鳳、絶賛相次ぐ“タオ胸”解禁行動で見えてきた「色香戦略の真意」とは?