芸能

高校時代から女にタクシー代!太っ腹エピソード王「嵐・松本潤」がカネを渡さなかった相手とは

 元ジャニーズタレントの中でも、太っ腹エピソードが多いといえば、嵐の松本潤だ。

 過去には、50万円相当する自身が着ていた上着を千鳥の大悟にあっさりプレゼントしたり、1話だけ友情出演したドラマの現場に超豪華ケータリングを用意したりと、様々な逸話がある。

 そんな松本の太っ腹伝説に、またしても強力なエピソードが1つ加わったのだが…。

 6月17日に放送された「しゃべくり007」(日本テレビ系)に出演した女優の上戸彩にとって、堀越学園時代の2年上の先輩が松本だった。

 松本はよく、芸能コースのメンバーで集まる「会合」を設けていたという。だが、そこでの松本の振る舞いがあかされると、出演者や視聴者が一斉に沸いてしまった。

 その仰天エピソードを暴露したのは、この日、上戸が堀越時代に所属していたアイドルグループの元メンバーとしてスタジオに姿を見せていた「舞さん」だった。

 いわく、会合に女子が多い日は「危ないから気を付けて帰りな」と、まだ高校3年生だった松本が、女子たち全員にタクシー代1万円を渡したというのだ。上戸は後日、当時のお返しをしようと試みても、松本は頑なに受け取らなかったという。

 女性誌記者が話す。

「当時の松本は、すでに嵐として売れていました。稼ぎからすれば、女性たちに1万円ずつ渡すぐらいは痛くも痒くもなかったでしょう。あくまで推測ですが、会合の飲食代もすべて出していたかもしれませんね」

 どうやら、松本には「タクシー代」にまつわるエピソードが多い。

 8年前の2016年に放送されたバラエティ「ニノさん」(日本テレビ系)で、タレントのヒロミが、松本から頻繁に飲みの誘いを受けていることを話した。その際にも、松本は「タクシー代出しますから!」と進言していたようだ。

 20歳近く年上のヒロミのタクシー代を負担しようという松本は、どれだけ太っ腹なのか…と思わずうなってしまうが、実は番組視聴者からは「松本のタクシー代は人を選ぶ」という、聞き捨てならない指摘がいくつかあったのだ。アイドルライターは苦笑いだ。

「松本は、2005年にスタートしたドラマ『花より男子』(TBS系)で共演した井上真央と交際する一方で、2016年には4年にもわたって有名艶系女優と関係があったことを『週刊文春』にスクープされています。当時の記事によれば、常に松本が相手を呼び出す形での逢瀬だったことから、都合のいい浮気相手だったと見られていました。その中で、いつも呼び出される相手の艶系女優から『タクシー代ぐらい欲しい』とお願いされた際に、松本は『お金を払うような関係じゃないよね?』と、出し渋ったと報じられています。今回、高校生時代に〝お車代〟を配っていたエピソードが持ち上げられると同時に、かつての黒歴史が再浮上してしまったというわけですね」

 手に入れたら、もうカネは払わなくていい。そういった考え方だとするならば、松本の本性は「太っ腹」なのか「セコい」のか。それとも「効率的」なだけなのか。皆さんは、どう感じるのだろう。

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
4
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
5
緊迫の「末期膵臓ガン寝室」体を弓なりに曲げて白目をむいた「心肺停止」騒動/プーチン「死亡・影武者説」を追う【2024年6月BEST】