芸能

紅白狙いのオリラジがピコ太郎をライバル視するも「どっちも“歌”じゃない!」

20161019oriraji

 また物怖じしない発言が災いの元となってしまったようだ。

 オリラジ率いるダンス&ボーカルユニット「RADIO FISH」が12日、神奈川・ラゾーナ川崎で2ndアルバム「WORLD IS MINE」の発売記念イベントを行い、イベント終了後の囲み取材で中田敦彦は年末のNHK紅白歌合戦への熱い想いを語った。

 中田はイベントでも「我々RADIO FISHは、年末の紅白歌合戦に出るぞー!」と高らかに宣言していたが、囲み取材でも「年末の予定は空けてる。もうビジョンも見えてるんですよ」と自信満々だった。

 しかしRADIO FISHの紅白出演に待ったをかけるのように、同じバラエティ枠からもの凄い勢いでブレイクしているアーティストがPPAPこと、ピコ太郎だ。

 案の定、中田もピコ太郎を意識しているようで、紅白出場へのライバルを取材陣から問われると「ピコ太郎さんですね」と即答。さらにそれに続けて「ポッと出の新人だとは思うけど、なかなかバズってる」と上から目線ながら評価するも、「紅白出場は僕が許しません。ピコ太郎さんとはバチバチに争って、紅白をいただきたい」と、ライバル心を燃やした。

 この中田のいつも通りの強気なコメントに世間も即座に反応。「オリラジよりピコ太郎が紅白で見たいけどね」「ピコ太郎も紅白向きじゃないが中田のほうはモロパクリだから絶対に出てほしくないわ」「ジャスティン・ビーバーに認められてから言え」など、中田のアーティスト気取りに嫌気が差している人はかなり多い。いろんな意味で、現時点ではピコ太郎に軍配が上がっていると言えそうだ。

「とにかくRADIO FISHの楽曲は聴く人が聴けば一発でわかるパクリのオンパレード。それだけに、支持しているのは音楽知識のないミーハーファンだけ。紅白がミーハー番組だと思えば出場もありかもしれないが、日本の音楽シーンの集大成だと考えるならあきらかに不向きでしょう。どちらにせよ、ピコ太郎もRADIO FISHも“歌合戦”ではありませんね(笑)」(エンタメ誌記者)

 世間では「どっちも飽きた」という声が増えてきているようだが‥‥。

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田真凛、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
2
太川陽介のバス旅、あのマドンナが「ヒップ躍動」魅せ!新たな見どころになるか
3
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
4
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
5
フジ井上清華、「めざましテレビ」では見せない“ギャンブラー”本性