芸能

「でんぱ組はブス!」2人組人気アイドルが過激発言連発で物議

20161031ninkiidol

 人気急上昇中の2人組アイドル「生ハムと焼うどん」のワンマンライブが10月21日、TOKYO DOME CITY HALLにて行われた。同ライブ終了後、会場で行われたオープニング演出が物議を醸しているという。

「『生ハムと焼うどん』は昨今、ダウンタウンや中居正広などの番組にも出演し、今、最も勢いがあると言われる2人組アイドルです。しかし度々、過激なパフォーマンスが話題となり、今回、3000人規模のワンマンライブでも『反原発』『左翼』『朝鮮人』という単語を交えて怒鳴る女性のネット音源をオープニングで流し、大きな注目を集めました」(芸能記者)

 ライブ終了後、一部ファンの間ではこの演出について「生ハムと焼うどんのセンスに脱帽」と称賛する感想が飛び交った。しかし会場でライブを鑑賞していたある女性作家は、ブログにて名前こそ出さなかったものの、「(冒頭のSEが原因で)少しも楽しめないまま終了してしまった」等の不快な気持ちと詳細を綴り、ファン以外にも内容が拡散。

 その結果、一部ネットユーザーから「不謹慎だ」と批判が殺到したという。

「メンバーの2人はまだ10代ですし、『生ハムと焼うどん』は芸能事務所にも所属していないセルフプロデュースユニットです。おそらく今回の演出に関しては、尖った表現を試みただけで、彼女たちに差別的な思想や悪気はなかったと思われます。しかし最近は沖縄機動隊員による不適切発言などで世間がナーバスになっているため、ここまで炎上してしまったのでしょう」(アイドルライター)

 また、寸劇を交えながらライブを展開していくことで知られる彼女たちだが、この日はさらにアイドルグループ「でんぱ組.inc」のルックスに対しても「ブス」という言葉を連呼したことで、同グループのファンからも怒りを買っているという。

 はたして「生ハムと焼うどん」は、それらの批判を物ともせず、今後も過激なパフォーマンスの道を突き進んでいくのだろうか。

(森嶋時生)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
保坂尚希、故・西城秀樹への“無邪気発言”で「生放送に向いてない」大批判!
2
デカすぎ!「半分、青い。」永野芽郁のボディコン姿に浮上した“疑惑”とは?
3
日テレアナも号泣! 長渕剛、“TOKIOのための熱唱”に感動する人々が続出
4
坂口杏里、踊り子デビューも「集客方法」が前代未聞レベルの必死さ!
5
中村アン、主演ドラマ「ラブリラン」で“違和感&棒演技”も好感度上昇の理由