芸能

武田久美子 バツイチ美女が回帰する「見せつけフェロモン」一部始終

20161117f

 80年代以降、どの年代でも、武田久美子(48)の「フェロモン」が際立つ瞬間が訪れる。最近また、アラフィフフェロモンが目覚ましく、10月26日に放送された、バラエティ番組「モシモノふたり」(フジテレビ系)に出演すると、まさに本領を発揮した。

「番組はアメリカに生活拠点を置く、武田が帰国した際の1日に密着。高級エステへ同行後、友人の国生さゆり(49)などとホームパーティを楽しむ内容でした」(テレビ誌記者)

 その時の武田の衣装が全盛期を想起させ、視聴者の股間を“起っき”させた!

「エステ中に、自慢だという、首から胸元にかけてのデコルテラインをバスローブから、おもむろに披露したんです。そればかりか、衣服を身に着けてもピンクのヒョウ柄という、ボディコンノースリーブのミニスカドレス姿。深いVゾーンからおっぱいが半分露出して、乳首がこぼれそうでした」(前出・テレビ誌記者)

 艶ボディを見せつけたいのもわかるが、事情もあると芸能プロ関係者は話す。

「武田は33歳で国際結婚し、02年に長女が誕生した。夫は化粧品会社の副社長だったので、セレブ専業主婦として悠々自適でした。しかし今年1月に離婚が成立。理由の一つには夫のケチぶりがあったとか。娘との米国での生活費に加え、離婚協議に2年近くかかったことで、莫大な弁護士費用もかかり、武田自身が稼ぐ必要に迫られたんです」(女性誌記者)

 芸能ジャーナリストの佐々木博之氏は、今後の武田の活動をこう考察する。

「そもそも、エロ路線の人ですから、結局、美熟女にプラスしてエロを組み込んでいくしかないでしょう」

 今年7月に武田は、自身の代名詞である「貝殻ビキニ」について、「50歳になったらやりたい」と、イベントで復活宣言をしていた。

 異国の波に洗われた豊熟な貝を披露する日も近い!!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「男闘呼組」成田昭次がついに受けたインタビューでも語らない「薬物の話」
2
吉岡里帆「監督に叱られた無名時代」ブレイクのきっかけは新垣結衣だった!
3
阪神の「夜遊び帝王」糸原健斗に忍び寄る「アレ流」レギュラー剥奪危機
4
テレビ朝日の長寿ミステリー連続終了で外濠が埋まった「相棒」「科捜研の女」の幕引き
5
元Wink鈴木早智子「報道陣たった20人」のシラケた質疑応答/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史