芸能

重盛さと美「坂口杏里から事務所を守った」の言い訳がおバカだから穴だらけ?

20161118sigemori

 鎮火しかけていたのに、必死の弁解も火に油を注ぐ結果になった。

 元タレントで当時事務所の後輩だった坂口杏里と泥沼バトルに発展していた重盛さと美が、11月12日に放送されたトークバラエティ番組「特盛!よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル」(読売テレビ)で、その騒動について語った。

 重盛は9月放送の情報バラエティ番組で、坂口について「事務所の後輩で唯一連絡を取っている」と親密な関係であることをアピールしながらも、坂口の借金額や金遣いの荒さについての情報をベラベラしゃべりまくったことで炎上。テレビ出演のために仲間を売る重盛に世間がドン引きした。さらに坂口も反論したことで、重盛と同じ事務所のタレントが坂口とツイッター上でバトルを展開する騒ぎに発展していたが、重盛は問題になった自身の言動を振り返った。

 共演者のアジアン・馬場園梓が、テレビで言っていいことか坂口本人に許可を取る必要があったのでは? と疑問をぶつけると、重盛は「事務所に確認もせず、勝手に違うところに行って、ちゃんと退社もしていないわけですよ」と身勝手な行動をとっている坂口が悪いと反論。さらに、所属事務所に入ろうと考えていた新人タレントの親が、「そんな世界に行かせるような事務所に入れない」と難色を示したなど、すっかり事務所のイメージも悪くなってしまったことを説明した。

「そのうえで、『事務所を守ろうと思って‥‥坂口ちゃんと(事務所を)天秤にかけて、私は事務所を守ろうと思った。叩かれるの百も承知で言いました』とコメントしていましたが、本当ですかね(笑)。実際、切り捨てるのが目的であれば友達アピールが必要だったとは思えません」(女性誌記者)

 事実、前の日に徹夜で考えたような重盛渾身の主張も、世間の人々にもまったく届いていない。ネット上では「都合のいいように言ってるな」「おバカが考える言い訳は穴だらけ」「また坂口のおかげでテレビに出られてよかったね」と、バカにされ放題。

 結局、事務所加入を考えていたという新人も無事、事務所に所属したということだが、その新人さんも重盛とは“仲良くしない”ほうが無難かも!?

(田中康)

関連記事:坂口杏里が重盛さと美のテレビ発言に「嘘つき」と口撃、後輩まで乱入し場外乱戦へ http://www.asagei.com/excerpt/68020

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
倖田來未、15年ぶりの番組ロケで明らかになった“Fカップバスト”の異変
2
日テレ水卜麻美、ブラウスから色白“Eバスト”こぼれ出た「早朝大サービス」!
3
広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?
4
山本舞香“浪費癖と奢られ嫌い”発言で懸念される伊藤健太郎との“貢ぎ関係”
5
春の低視聴率女優が「肉弾サービス」で巻き返す(1)石原さとみはポッテリ唇に口紅を3回も