特集

お父さん世代もドラマは配信で見る時代?小栗旬主演「代償」は大人もイッキ見の国産骨太ストーリー!

Sponsored

20161121hj_main

「小栗旬が身も心も削りながら表現した、途方もない恐怖と嫌悪感に身震いする」。エンタメ誌記者がこう評するのが、18日からhuluで日米同時配信がはじまったクライム・サスペンスドラマ『代償』だ。

「小栗旬が久しぶりに連続ドラマの主演を務めるということもあり、ファンならずとも注目を集めていた作品でしたが、その出来栄えはどうやら予想の“斜め上”をいくことになりそうです」(前出・エンタメ誌記者)

 今作は「いつか、虹の向こうへ」で第25回横溝正史ミステリ大賞とテレビ東京賞をダブル受賞した、伊岡瞬氏の同名小説をhuluがドラマ化。サイコパスの友人の手により人生と精神を破壊された弁護士が、その友人を葬り去ろうと苦闘する姿を描くサスペンスストーリー。弁護士・奥山圭輔を小栗が、サイコパス・安藤達也を高橋努が演じている。

「小栗と言えば『半分以上脚本ができていないものについてはオファーを受けない』と公言するほど、自身の出演作に対してはストイックな姿勢で挑む役者の一人。そんな小栗が“主演”を引き受けたというのだから、今作が脚本の段階で面白いのはもはや保証済み。そこに小栗と高橋の鬼気迫る演技がぶつかり合い、見る者の心を鷲掴みにしていきます」(前出・エンタメ誌記者)

 物語の発端は、弁護士・圭輔のもとに舞い込んだ1件の弁護依頼。だがその依頼主は圭輔の遠い親戚であり、強盗殺人事件の容疑者でもある達也。そう、達也こそかつての友人であり、その後あらゆる卑劣な手段で圭輔の人生を崩壊させたサイコパスなのである‥‥。

「今作で小栗は“精神の限界まで追い詰められた人間”をはじめて演じますが、1~2話で魅せるのはまだまだ序の口。物語が進むに連れて恐怖心と嫌悪感にさいなまれていくその様は、民放ドラマでは表現できない“心の漆黒の闇”そのもの。これぞ小栗が辿り着いた新境地といえるでしょう」(前出・エンタメ誌記者)

 海外ドラマのようなスピーディーな展開と、民放ドラマの表現をはるかに超えた迫真映像は、まさに日米同時配信にふさわしい作りで、これまで海外ドラマを楽しんできたような“大人のドラマ通”にとってもじっくりと鑑賞できる力作といえる。国内制作のドラマが、いまやこのクオリティにまで達していることに、ドラマファンはニヤリとしてしまうだろう。

 小栗もまた「自分たちが作った作品が、海外の方にどのように感じていただけるのかも気になりますね。キャストもスタッフも精一杯やりましたので」と、自信の程を見せている。

 全6話完結となる日米同時配信huluオリジナル連続ドラマ『代償』。リアルタイム視聴で見るもよし、年末年始の休みにイッキ見するもよし。「たまには骨のあるドラマに浸りたい」というアサ芸世代なら、きっとこの冬、人間の“狂気”と”愛”に心の底から震えること間違いない。

20161121hj_a

PCの方はこちら

SPの方はこちら

Sponsored by HJホールディングス合同会社

カテゴリー: 特集   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    春の“ゆらぎ肌”で頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    91796

    春はさまざまな環境の変化から、肌トラブルが起こりやすい季節といわれます。朝晩の寒暖差、春風に舞う花粉などの刺激物質、暖かくなったことによる皮脂分泌の増加といった気候の変化に加え、新生活によるストレスなども、肌に影響を及ぼすようです。これらは…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    【一杯酒場】東京・蒲田「うなぎ家」

    97639

    うなぎ串焼からナポリタンまで「蒲田価格」を象徴する立ち飲み味と価格、両方にうるさい地元民が重視する「蒲田価格」を象徴するような「うなぎ家」は、立派なうなぎの串焼きをなんと1本300円で出す店。大将が「仕事帰りの人たちに、ポケットマネーで美味…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
TBS「ブラックペアン」主演が竹内涼真から二宮和也に変更された裏事情
2
「重病説」が飛び交うホリケンの「顔色が悪い本当の理由」とは?
3
大橋未歩の離婚&再婚に「介護してくれた旦那をよく捨てられたな」の大合唱
4
「やりたくない!」米倉涼子が「ドクターX」続編を断ったワケ
5
ローラ、インスタ公開した“胸の渓谷ショット”がいろいろな意味で深すぎ!