芸能

「極悪。人としてアウト」綾野剛への恨みを公開した「第2のガーシー」高岡蒼佑の芸能界暴露話

 6月13日の「日刊ゲンダイDIGITAL」が、前参院議員のガーシーこと東谷義和容疑者を刑事告訴した綾野剛に関する記事を掲載した。

「綾野は昨年、ガーシー容疑者から女性スキャンダルなどの疑惑を暴露され、刑事告訴に踏み切りました。そして今年、ガーシー容疑者が逮捕されたことで、今後、綾野本人が法廷に出廷する可能性があると一部メディアで報じられたのです。しかし『ゲンダイ』によると、過去の例から見て、実際にタレント本人が出廷して証言台に立つ可能性は低いのだとか。また、意見書などを書面で提出することはあっても、基本的に代理人である弁護士が対応するそうです」(芸能記者)

 今後、ガーシー容疑者との直接対決がないのであれば、綾野をめぐるスキャンダルは蒸し返されず、そのまま沈静化していく可能性は高い。そんな中、綾野ファンを心配させているのが「第2のガーシー」と呼ばれる、俳優仲間だった男の存在である。

「6月11日以降、元俳優で格闘家の高岡蒼佑が、かつて交流のあった俳優の暴露話を自身のインスタグラムに次々と投稿しています。小栗旬から仕事の妨害を受けたというものや、田中圭の借金トラブル疑惑などです。高岡は6月14日、現在の小栗の印象を『旬はヘタレだし、臆病者で、自分大好きすぎるけど』と前置きして『純粋な所もある。根性が悪い奴では、ない。そこは誤解しないでね』と評しました。田中についても『圭に関しては単純にアホな子というだけ』と、それぞれに悪い印象を持っていないと明かしたのです。ところが綾野には『剛に関しては擁護もしない。極悪。お前はヤバイ』『関わりも持ちたくない』と、一方的に猛批判しました」

 ファンから「綾野さんに関して、それは今現在も?」という質問が来ると、高岡は「若い頃で片付けられない。人間性の問題。人としてアウト」と返答し、怒りが収まらない様子。いったい何があったというのか…。

 ガーシー容疑者による暴露に続いて、今度は高岡からも「ヤバイ何か」をバラされるかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
2
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
3
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
4
海外移住のフワちゃん「遊んでいても年商1億円超」新ビジネス開始の「驚異の商才」
5
1編成に2室だけ!東海道新幹線に導入「高額個室」は「芸能人御用達」と化す