社会

「安上がりガン治療」のための“得”知識!(2)病院の商売のための術後検査

20161208e2nd

 放射線治療が専門のガン治療医が明かす。

「粒子線治療は『体深部で線量のピークが来る』がウリで、確かに体深部にあるガンを効果的に叩くことができる。しかし対費用効果を考えると、まったくオススメできません。実は同程度の治療効果は、一般に普及している完全保険適用のリニアック(放射線治療装置)でも十分に得られます。しかも粒子線は殺細胞効果がありすぎるため、照射した患部が溶けて体に穴が開いてしまうなど、治療に伴う危険性も非常に大きい。ハッキリ言って、粒子線治療など必要ありません」

 この医師によれば、リニアックを使った治療は日進月歩しており、例えば多方向から放射線を照射することで、粒子線治療と同程度の治療効果を上げることができるという。しかも治療に要する費用も、1回の照射につき3000円から6000円(3割負担の場合)と安上がりなのだ。

 意外な落とし穴もある。国が指定する先進医療は混合診療の適用外とされているが、指定医療機関以外で治療を受けてしまうと、それまでに受けた保険適用診療の全額(保険が負担していた全額)の返還を求められる場合がある。

 そればかりか、指定先進医療以外の自由診療を受けた場合も後日、国から返還を求められて唖然、という事態になりかねないのだ。

 ガン患者を食い物にする○○療法の類は巷に溢れている。しかし治療の効果は実に怪しく、多額のカネを巻き上げられた末に、お上から返還請求されたのでは、まさに泣きっ面に蜂だ。

 安上がりといえば、手術後の経過観察も意外に知られていないポイントである。

 他臓器への転移がなく、手術もうまくいくと、術後サーベイランスが始まる。サーベイランスは「監視」の意で、手術からおおむね5年間(乳ガンの場合は実に10年以上)、各種の検査を受けなければならない。

 病院や医師によっても違うが、私(大腸ガン)を例にとると、術後3年間は3カ月ごとの血液検査、半年ごとのCT検査と大腸内視鏡検査などを受けさせられる。3年目以降は後者が年1回へと減るが、その費用がバカにならないのだ。

 実際、血液検査と診察だけでも、1回につき3500円程度、CT検査と大腸内視鏡検査の場合は1回につき1万円以上(いずれも3割負担の場合)もかかってしまう。これに薬代や交通費を加えると、年間5万円を超える出費になるのだ。

 しかも、問題は費用だけではない。あるガン専門医も、こう漏らしている。

「肺ガンなどの固形ガンの場合、再発したら治りません。したがって、再発を早く見つけることにどれくらいの意味があるのか、という問題がまずあります。事実、ガンの種類別に作成されている治療ガイドラインでも、術後のサーベイランスにさしたるエビデンス(科学的根拠)はない、とされているんですよ」

 にもかかわらず、術後サーベイランスが行われているのは、病院側の財布の都合によるもの。要するに、手間のわりには儲けの少ない手術だけで患者に逃げられてしまったのでは商売にならないからだというのだ。

森省歩(ジャーナリスト)

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
バス旅お蔵入り回がついに放送!「封印」された理由は“2つのルール破り”か!?
2
岡副麻希、チラっと見えショットに「アンダーウェアかインナーか!?」議論勃発
3
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
4
深田恭子、多部未華子と永野芽郁との「ホロ酔い姿」公開!一番艶っぽいのは誰?
5
永島優美、仕事とプライベートの充実ぶりで隠しきれない爆裂バストの“張り”