事件

アサヒ芸能「スクープ大事件史」Vol.16(8)宅間守の実父が語る殺人鬼の素顔

2016_60th_vv

 あの阿鼻叫喚の地獄絵図の一報を聞いたときの記憶が忘れられない。

 出刃包丁を手にした金髪の殺人鬼・宅間守が白昼の小学校を襲い幼い命を次々と奪った殺人現場はあまりにも凄惨だった。事件直後、記者は実父に6時間インタビュー。そして、拘置所移管後には、元受刑者から「話は下ネタ」の拘置所生活を暴露スクープした。宅間は精神安定剤の常習者だった。短気で粗暴。勤めていた伊丹市の池尻小学校で、人間関係の鬱憤を晴らすため、精神安定剤を急須に入れて出したり、元妻を殴りつけ、傷害容疑で逮捕されたこともあったという。

 当時、実父への6時間にも及ぶインタビューを行って宅間の素顔を聞き出した。

〈「守が強姦罪で服役して刑務所から出所したときやった。私は車で迎えに行った。そのとき、私は無理心中を考えていたんや。刑務所から家へ向かう阪奈道路を運転しながら『このまま突っ込んだら一発でしまいやろうな』と。出所する何カ月も前から守のことで悩んで苦しんどった。ただ、選択肢の中には勘当というのもあった。だから(勘当を)正式に言い渡したんや。しかし、まさかこんな結果になるとは思わなかった。今となったら、あのときに(無理心中を)やっとったらと思うわ」〉

 事件発生後から約1年、大阪拘置所で宅間の世話をしたという元受刑者を直撃して、約10ヵ月間の間に見た殺人鬼の素顔を聞いた。

〈宅間は手紙を出したり読書をするということをほとんどしませんでした。彼が唯一読書したのをたまたま見たときも読んでいたのは飯島愛の『プラトニック・セックス』でした。それ以外はただボーッと座っているか窓側で所在なさげに立っていることが多かった。ところが、時間がたつにつれ、宅間は徐々にその本性を現しました。

 そのひとつが1日10回に及ぶ独房内のインターホンによる呼び出しです。いざ話をきいてあげると彼の口から出るのは9割方、下ネタでした。その内容も伝言ダイヤルの使い方や裏ビデオの購入の仕方、果てはこれまでゲットした女のエロ話を自慢げに披露するのです」〉(02年8月27日号)

 8人の命を奪った反省のかけらもなかったという。

〈宅間はさらに無類の裏ビデオコレクターであることも吹聴していました。何でも本人によれば、家の中には数千本の裏ビデオがあるそうで、ご丁寧にも裏ビデオの購入方法まで教えてくれました〉(02年9月4日号)

 粗暴さ、凶暴さ、そして、あくなき性欲──最凶の男は、一審で死刑判決が出ると、自らの意思で執行を受けた。

カテゴリー: 事件   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
2
稲村亜美がガニ股で躍動!ゴルフ動画の“下半身パックリ見え”にファン「感激」
3
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
4
綾瀬はるかVS高畑充希 ドラマに映せない「恥ずかしい癖」合戦(1)綾瀬のバストの存在感がすごすぎて…
5
本田翼のTシャツバストショットが艶すぎる!“サイズアップ説を裏付ける”1枚