事件

アサヒ芸能「スクープ大事件史」Vol.16(9)19人を刺殺した植松聖の黒幕とは?

2016_60th_ww

 その「池田小児童殺傷事件」の殺人鬼、宅間守のことを思い起こさせたのが、16年7月26日未明に起きた戦慄の「相模原19人刺殺事件」である。

 戦後最凶の刺殺事件は、数秒ごとに1人のペースで無抵抗の入居者を殺害した犯行だった。

 殺人鬼の名は、植松聖(26)。襲撃した相模原市の傷害福祉施設の元職員だった青年だ。犯行は約45分間で計19人を刺殺し、26人に重軽傷を負わせた。殺されたのはいずれ障害者で、戦後最悪の大量殺人であった。

 事件直後に、この事件の闇の深さを示す驚愕の新証言を報じた。

「私は植松聖と『黒幕』に『第2の大量殺人』を持ちかけられていた」(16年8月18日・25日合併号)

 それは植松と面識がある20代の男性の証言だった。

 要約すると、

【1】16年7月4日、男性は「黒幕」とされる人物から植松聖を紹介された。

【2】3人で六本木で面談したときに、「黒幕」と植松から「安楽死を変える革命家Shudan」というグループに所属していることを明かされて、活動費100万円の“カンパ”とともに同グループ入りを進められた。そのグループのメンバーは20代前半の男女12名、イスラム過激派を名乗る人物もいるという。

〈「グループの目的は、安楽死を変える革命のためにやっているそうです」(20代の男性)〉

 植松は外出時には落合尚之氏の漫画「罪と罰」全10巻と、アドルフ・ヒトラー「わが闘争」を持ち歩き、自分のバイブルだと説明していたという。

 証言した男性はグループ参加を断り続けたが、逆に“脅迫”めいた言動で脅され続けたという。

 だが、驚くべきは、今回の襲撃計画以外にも、実はもうひとつの「襲撃計画」をそのグループが練っていたというのである。

「黒幕」らしき男が組織のリーダーと目されて、彼らが企てた「3カ月計画書」なるものが存在していたというのだ。

 狙われた施設の管轄の神奈川県警に問い合わせたところ、

「(計画の有無については)捜査に関することなので、お答えできない」 

 との回答だった。

 新たな大量殺人鬼の出現に慄き、さらにはそれを組織だって計画する「組織」と「黒幕」の存在まで、不気味な姿が浮かんできた。

 この「闇の正体」とは…。

カテゴリー: 事件   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田真凛、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
2
太川陽介のバス旅、あのマドンナが「ヒップ躍動」魅せ!新たな見どころになるか
3
フジ井上清華、「めざましテレビ」では見せない“ギャンブラー”本性
4
「バス旅Z」最新回!?田中要次&羽田圭介“ロケ目撃情報”
5
和久田麻由子“独り生活”の淋しさが溢れ出る?ただ今フェロモン大放出中!