事件

アサヒ芸能「スクープ大事件史」Vol.16(9)19人を刺殺した植松聖の黒幕とは?

2016_60th_ww

 その「池田小児童殺傷事件」の殺人鬼、宅間守のことを思い起こさせたのが、16年7月26日未明に起きた戦慄の「相模原19人刺殺事件」である。

 戦後最凶の刺殺事件は、数秒ごとに1人のペースで無抵抗の入居者を殺害した犯行だった。

 殺人鬼の名は、植松聖(26)。襲撃した相模原市の傷害福祉施設の元職員だった青年だ。犯行は約45分間で計19人を刺殺し、26人に重軽傷を負わせた。殺されたのはいずれ障害者で、戦後最悪の大量殺人であった。

 事件直後に、この事件の闇の深さを示す驚愕の新証言を報じた。

「私は植松聖と『黒幕』に『第2の大量殺人』を持ちかけられていた」(16年8月18日・25日合併号)

 それは植松と面識がある20代の男性の証言だった。

 要約すると、

【1】16年7月4日、男性は「黒幕」とされる人物から植松聖を紹介された。

【2】3人で六本木で面談したときに、「黒幕」と植松から「安楽死を変える革命家Shudan」というグループに所属していることを明かされて、活動費100万円の“カンパ”とともに同グループ入りを進められた。そのグループのメンバーは20代前半の男女12名、イスラム過激派を名乗る人物もいるという。

〈「グループの目的は、安楽死を変える革命のためにやっているそうです」(20代の男性)〉

 植松は外出時には落合尚之氏の漫画「罪と罰」全10巻と、アドルフ・ヒトラー「わが闘争」を持ち歩き、自分のバイブルだと説明していたという。

 証言した男性はグループ参加を断り続けたが、逆に“脅迫”めいた言動で脅され続けたという。

 だが、驚くべきは、今回の襲撃計画以外にも、実はもうひとつの「襲撃計画」をそのグループが練っていたというのである。

「黒幕」らしき男が組織のリーダーと目されて、彼らが企てた「3カ月計画書」なるものが存在していたというのだ。

 狙われた施設の管轄の神奈川県警に問い合わせたところ、

「(計画の有無については)捜査に関することなので、お答えできない」 

 との回答だった。

 新たな大量殺人鬼の出現に慄き、さらにはそれを組織だって計画する「組織」と「黒幕」の存在まで、不気味な姿が浮かんできた。

 この「闇の正体」とは…。

カテゴリー: 事件   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
剛力彩芽にはどうしても「月旅行」に行けない理由があった!
2
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
3
10月改編「美女アナ」ここまで変わった「最新勢力地図」(1)テレ朝・弘中綾香を巡る争奪戦
4
「ダメ大河」に「ダメ朝ドラ」…2大人気脚本家の評価がガタ落ちしていた!
5
吉澤ひとみ、ドラレコ動画が拍車をかけた「供述はほとんどがウソ」疑惑!