事件

アサヒ芸能「スクープ大事件史」Vol.16(9)19人を刺殺した植松聖の黒幕とは?

2016_60th_ww

 その「池田小児童殺傷事件」の殺人鬼、宅間守のことを思い起こさせたのが、16年7月26日未明に起きた戦慄の「相模原19人刺殺事件」である。

 戦後最凶の刺殺事件は、数秒ごとに1人のペースで無抵抗の入居者を殺害した犯行だった。

 殺人鬼の名は、植松聖(26)。襲撃した相模原市の傷害福祉施設の元職員だった青年だ。犯行は約45分間で計19人を刺殺し、26人に重軽傷を負わせた。殺されたのはいずれ障害者で、戦後最悪の大量殺人であった。

 事件直後に、この事件の闇の深さを示す驚愕の新証言を報じた。

「私は植松聖と『黒幕』に『第2の大量殺人』を持ちかけられていた」(16年8月18日・25日合併号)

 それは植松と面識がある20代の男性の証言だった。

 要約すると、

【1】16年7月4日、男性は「黒幕」とされる人物から植松聖を紹介された。

【2】3人で六本木で面談したときに、「黒幕」と植松から「安楽死を変える革命家Shudan」というグループに所属していることを明かされて、活動費100万円の“カンパ”とともに同グループ入りを進められた。そのグループのメンバーは20代前半の男女12名、イスラム過激派を名乗る人物もいるという。

〈「グループの目的は、安楽死を変える革命のためにやっているそうです」(20代の男性)〉

 植松は外出時には落合尚之氏の漫画「罪と罰」全10巻と、アドルフ・ヒトラー「わが闘争」を持ち歩き、自分のバイブルだと説明していたという。

 証言した男性はグループ参加を断り続けたが、逆に“脅迫”めいた言動で脅され続けたという。

 だが、驚くべきは、今回の襲撃計画以外にも、実はもうひとつの「襲撃計画」をそのグループが練っていたというのである。

「黒幕」らしき男が組織のリーダーと目されて、彼らが企てた「3カ月計画書」なるものが存在していたというのだ。

 狙われた施設の管轄の神奈川県警に問い合わせたところ、

「(計画の有無については)捜査に関することなので、お答えできない」 

 との回答だった。

 新たな大量殺人鬼の出現に慄き、さらにはそれを組織だって計画する「組織」と「黒幕」の存在まで、不気味な姿が浮かんできた。

 この「闇の正体」とは…。

カテゴリー: 事件   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「旅サラダ」の宿命!神田正輝9月降板で「次のターゲット」はいよいよ勝俣州和
2
阿部監督の苦悩…巨人・新外国人モンテスの快音デビューをかき消す2軍投手陣「連続炎上事件」
3
藤浪晋太郎が乱入!阪神エース・才木浩人のインスタライブで岡田彰布監督をイジリ倒した
4
巨人・阿部監督が不満ブチまけ!「門脇誠より新外国人モンテス」正遊撃手争いの厳しい現実
5
オリックスで塩漬けのT-岡田を阪神・岡田彰布が「選手兼任コーチ」で引き取るって!?