芸能

高視聴率「熟女優」フェロモンの秘密(1)「女王」天海祐希が「知的」沢口靖子に圧勝!「45歳であのスタイルの良さはありえない」

 いつの間にか、子供ばかりが幅を利かせる芸能界で唯一、その存在感を見せつけているのが、熟女優だろう。単発、連続問わず、高視聴率を稼ぎ出すのは、安定感抜群のベテランばかり。そんなドル箱熟女優たちの人気の理由を探った─

 高視聴率を叩き出す熟女優。それにしても、なぜ彼女たちは視聴者を引き付けるのか?ドラマに強い識者の分析を交えてお届けしよう。

「体のラインを出すファッション性に秘密がある」

 今回のアンケート上位の熟女優に共通するのは、年齢を感じさせないファッションにあるというのは、アイドル評論家の小谷哲氏である。続けてもらおう。

「体の中でも特にお尻ですね、ポイントは。オッパイではない。だんだん年齢が上がってくると、やはりお尻のラインをキレイに保っている人が、人気を維持している傾向が見受けられますね」

 人気アンケートでトップの座をゲットした天海祐希(45)については、

「貧乳ですけど、スタイルがよくて、いつもタイトなファッションを着こなしていますね」(小谷氏)

 2位の沢口靖子(47)も、「科捜研の女」(テレ朝系)を見ると、確かにピッチリしたパンツスタイルが多い。小谷氏が続ける。

「ドラマのストーリーとか謎解きのおもしろさはあるんでしょうけど、“この女優なら必ず見る”という時、やはりお尻周りのセクシーポイントが鍵になるんですね。しかも刑事ものだったり、弁護士や教師だったりします。知的なかっちりしたイメージです。そういう強さとセクシーさが入り交じったキレイな女性に怒られたい(笑)」

 体のラインを出すファッション性という点では、「警視庁捜査1課9係」(テレ朝系)の羽田美智子(43)も見逃せない。代表的な意見としては、

「ソフトな当たりで知的な感じ」(埼玉県・42歳)

 という印象だが、

「これがかなりヒップラインを強調している。犯人と格闘して投げ飛ばした時に、スカートがタイトすぎて後ろのスリットが破れるシーンもありました」(前出・小谷氏)

 一方、インターネットサイト「All About」で「ドラマガイド」を担当するドラマ評論家・黒田昭彦氏は、女優の役柄イメージに注目する。

「天海祐希は、宝塚男役出身のカッコよさが生かされています。ただ最近は、役柄がワンパターン化しているんですね。『BOSS』(フジ系)の刑事役から、理想の上司役パターンですね」

 松嶋菜々子(38)にも同じことが言えるという。

「彼女はドラマのセレクションがうまくて、00年の『やまとなでしこ』(フジ系)以来、出る作品、出る作品を当てています。昨年、『家政婦のミタ』(日テレ系)のような変わった役を当てましたが、今後、どうなっていくのかな? と興味深いところです」(黒田氏)

 2位の沢口靖子は熟女優という範疇から外れるとして、黒田氏はこう続ける。

「お堅い感じです(笑)。“東宝シンデレラ”ガールですし、永遠のマドンナ。だから『科捜研の女』でも、相手役の内藤剛との仲は全然進展していないし、これからも男女の関係になりそうにない」

 だが、これだけの票を集めるのはお堅いイメージがあるからこそ。

「清楚で理知的な雰囲気がいいです」(東京都・43歳)

 そうした中、黒田氏が最近注目しているのが、第4位の麻生祐未(49)だという。

「トレンディドラマの出身ですが、何かここに来て、いちばん色気が出てきたな、という感じがします。09年からの『サラリーマンNEO』(NHK)あたりでしょうか。非常に魅力のある、大人の女優になったという感じです」

 ニュー熟女優として、遅咲きの大ブレイクの期待がかかる。

 そして、前出の黒田氏は“熟女優”という言葉にこんなこだわりを見せる。

「熟女優というと名取裕子(55)と、かたせ梨乃(55)。私はこの2人をずっと考えていたんですけど、若い頃に映画『吉原炎上』(87年、東映)で2人とも脱いでいるんです。昔はここぞという時に脱いで、最近はそうでもないけどイザとなったら、ど〜よ! というのが熟女優なんですね」

 視聴率を稼ぐ熟女優たちには“SEXアピール”という共通項がある、ということに間違いはない。

カテゴリー: 芸能   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【雨予報のGI宝塚記念】ドウデュースは大敗!重馬場で急浮上する「この3頭」のウハウハ適性
2
横浜F・マリノス「ホーム試合開催」大ピンチがスポーツ界に拡大する「深刻大問題」
3
人気俳優Aに「年内結婚」「事務所独立」が急浮上
4
サッカー前園真聖の後輩選手がビクビク暴露「高校時代は怖すぎた」その理由を聞いて脱力
5
大谷翔平の主婦人気ガタ落ちは本当か!本塁打単独トップへの無関心に「理由は結婚じゃない」