芸能

清水富美加の代役に抜擢された石橋杏奈は“タナボタ”を生かせるか?

20170228ishibashi

 2月17日に告白本「全部、言っちゃうね。」を幸福の科学出版より出版した清水富美加。その本が出家騒動にさらに輪をかけ、物議を醸している。清水を巡って所属事務所サイド、「幸福の科学」サイドと双方の見解も食い違い、このトラブルはますます溝を深めている。

「いちばん困るのは清水にオファーを出していたテレビ局やCMに起用している企業です。現時点でレギュラー出演する番組はもちろん撮影済みの映画3本、スポンサー契約中のCMが2本もあり、これらの仕事がすべてキャンセルとなれば、契約不履行により損害は10億レベルとも言われています」(大手広告代理店関係者)

 そうなった場合、この賠償金は事務所サイドが払うのか、はたまた幸福の科学サイドが負担するのか、そのあたりも大きな問題となってきそうだ。そんななか、この出家騒動で恩恵を受けたタレントがいる。

「11月公開予定の映画『泥棒役者』で清水の代役に選ばれた石橋杏奈です。この映画は、関ジャニ∞の丸山隆平が単独初主演することでも注目を浴びています。他にも市村正親、高畑充希など豪華キャストが顔を揃えています。石橋にとったら、ビッグチャンスなのは言うまでもありません」(映画関係者)

 石橋はNHKのコント番組「LIFE!~人生に捧げるコント~」でレギュラーを務めており、そのコメディセンスはファンのみならず、高い評価を受けていた。デビュー10年目を迎え、映画やドラマなど脇役で出演した本数も多い。しかし女優としてはイマイチ。そんななかで抜擢され、今回は出家騒動で話題性もあり大いに注目されている。

「ネットでは早くも『杏奈ちゃんはコメディセンスあるので期待』『杏奈ちゃんのほうが役柄にしっくりくるので結果オーライ』といったお応援コメントが殺到しています。清水よりもベストな配役だという声が多いようですね」(前出・映画関係者)

 石橋がこの“タナボタ”を生かせるか注目したい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
2
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
3
「デパ地下」も静かに終了…池袋西武が象徴する「インバウンドに特化」デパートの苦境と未来
4
「函館記念」はオニャンコポンの1着固定!3連単平均57万円の超大荒れレースで買えない人気馬のガチ共通点
5
サッカー元日本代表「王様・中田英寿」は自ら演出した「策略」だった!チームメイトが明かす「嫌われ役」秘話