政治

小池百合子「210日の実態」都庁職員ぶっちゃけ座談会!(4)エド・はるみは国会議員狙い

20170309o4th

D 石原叩きには「私怨説」も根深く語られていますよね。若かりし石原さんは、小池さんの父親のバックアップを受けて政治家になったんだけど、いざ小池さんの父親が選挙に出た際、石原さんがあんまり応援せず、落選してしまった。それを根に持っている、という話。

B その真偽はともあれ、劇場型政治を演出する小池さんの「自分ファースト」な部分は苦手だなぁ。その点では、地味にやることをやっていた猪瀬さんのほうが好感が持てる。政治塾の開講とか、小池さんの動向を見ていると、都を踏み台に総理大臣を目指す意図が透けて見えるんだよね。

C 確かに都の職員で「希望の塾」をよく言う人をあまり見かけませんね。私の上司も「単に小池派の受け皿でしかない」と冷ややかな見方をしていました。そういえば、塾生のエド・はるみさんと交流のある都庁職員が「エドさんは都議会議員じゃなく、国会議員を狙っている」と断言していましたよ。

A 「希望の塾」自体、夏の都議選以降は国政進出にシフトしていくでしょうね。自分の知るかぎりでは、小池さんに最も影響力を持っているのが、「希望の塾」の講師も担当している都政改革本部の上山信一特別顧問。小池都政におけるキーパーソンなんだけど、幹部職員からの煙たがられっぷりは半端じゃない。ある幹部は「急にやって来て仕事にイチャモンをつけるGHQみたいな男」と評していました。「ヘタに刃向かうと報復人事を食らう」と言って相当恐れていましたけどね。当初は幹部連中が結託して「上山追放計画」も動いていたみたいだけど、立ち消えになったみたいで。

D いつも無理難題をふっかけてくるから、ウチの局内でも好かれていないんだけど、小池さんが五輪会場問題で組織委員会の森会長とケンカするために、上山さんの力は欠かせないですよ。最近、都政改革本部でしきりに言われているのが「豊洲問題は『落としどころ』が大事、五輪会場問題は『戦い方』が大事」。どっちも重要な課題に違いはないけれど、組織委員会という明確な敵がいる分、より勝ち負けがハッキリするのが五輪会場問題なんですよね。小池さんは「上山先生の方針で最後まで戦う」と公言しています。

B どっちみち、豊洲も五輪会場も今年がヤマだね。豊洲で石原さんを仕留めてさらに勢いをつけ、いよいよ最大の敵、森さんに挑むという流れか。我々職員が話題作りの標的にならないよう、石原さん、森さんには踏んばってほしいよ。

<座談会メンバー>

A=政策企画局/30代男性

B=総務局/40代男性

C=生活文化局/20代女性

D=オリンピック・パラリンピック準備局/30代男性

カテゴリー: 政治   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
バス旅お蔵入り回がついに放送!「封印」された理由は“2つのルール破り”か!?
2
岡副麻希、チラっと見えショットに「アンダーウェアかインナーか!?」議論勃発
3
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
4
深田恭子、多部未華子と永野芽郁との「ホロ酔い姿」公開!一番艶っぽいのは誰?
5
永島優美、仕事とプライベートの充実ぶりで隠しきれない爆裂バストの“張り”