芸能

天才テリー伊藤対談「葉加瀬マイ」(4)マイちゃんの印象変わっちゃったな

20170309d

テリー 一時期、韓国をメインに活動していたよね。

葉加瀬 私、昔から韓国が大好きで、韓国の芸能界で頑張ってみたいという気持ちがあったんです。それで事務所も辞めて、1人で1年ぐらい韓国に行っていました。

テリー 女の子がいきなり1人で韓国に行って、しかも芸能界で働けちゃうの?

葉加瀬 とにかく放送局を回って、自分で売り込みをやりました。

テリー 行動力があるなァ。韓国語はできるの?

葉加瀬 はい、日本にいる間にずっと勉強していましたし、何回も旅行で行っていたので土地勘もありましたから、不安とか怖さはなかったです。向こうは、日本よりケーブルテレビが盛んで、日本専門番組のレギュラーとかCMとかに出させてもらっていました。

テリー つらい仕事とかもあったんじゃないの。

葉加瀬 そこまでのものはないですけど、ラジオに出演させてもらった時、「竹島の領有権はどっちにある?」など聞かれたりしましたね。

テリー 生活の不自由はなかった?

葉加瀬 基本、1人暮らしでしたけど、アメリカ留学時代のお友達が住んでいて、そこのお姉さんにずっとお世話をしてもらいました。

テリー 韓国で芸能活動をしてみて、日本の時と収入はどのくらい変わった?

葉加瀬 ほぼなかったです。日本で働いていた時の貯金で暮らしていました。でも、途中でカジノにハマっちゃったんですよ(笑)。

テリー おいおい、せっかくここまでいい話になっていたのに、どういうことだよ(笑)。

葉加瀬 韓国で通っていた学校の近くにカジノがあったので、ちょっとやってみようと思って2万円から始めたら、最終的に100万円ぐらい儲かっちゃったんです。なので、途中でいいところに引っ越しちゃいました(笑)。

テリー 何だよー、お嬢様ってのは、いつまでもツイてるんだな。で、そんな大好きな韓国から戻ってきた理由は何だったの?

葉加瀬 やっぱり言葉の問題が大きいですね。ヒヤリングは問題ないんですが、しゃべるほうがまだまだなんです。韓国で本格的に活動しようと思ったら、やっぱり向こうの人と同じぐらい話せるようにならないと。それに気づいた時に、日本での活動が中途半端に終わっていたことが気になり始めて、「もう1回、日本できちんと挑戦したい」と思うようになったんです。

テリー なるほどね。まだまだ、日本に残してきたものがあった、と。

葉加瀬 日本で頑張ってもっと有名になれば、仕事で日本と韓国を行ったり来たりできるようになりますから。もともと日韓の架け橋になるのが、芸能界に入る時の夢だったんですよ。

テリー しかし、話してみないとわからないもんだね。マイちゃんとは「サンジャポ」で何度か共演したことがあるだけで、いつもセクシーな格好だから、そういうイメージでしか見ていなかったけど、今日の対談で全然印象が変わっちゃったよ。今度「サンジャポ」に出る時には、そんなマイちゃんの頭のよさとか、いいところが出せるといいね。

葉加瀬 はい、ぜひもっと出してください(笑)。今後はちょっと知的な面を出していきたいと思って、勉強しているんです。

テリー その心意気はいいけど、これからもオッパイはしっかり出していかなきゃダメだぞ?

葉加瀬 アハハハ、わかりました、頑張ります。

◆テリーからひと言

 裕福な家庭で育った余裕からか、発言や行動が大胆だから、活動の幅はもっと広がっていくんじゃないかな。今後も、いい男をいっぱい育ててね(笑)。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
YOSHIKI新バンド米国公演の前座は「世界的ガールズバンド」に「逆だろ!」ブーイング
2
テレビ朝日・安藤萌々アナがヤクルトキャンプで大顰蹙!村上宗隆以外はガン無視で会釈もせず…
3
今どきこんなことを言う選手が…サッカー・長友佑都の時代錯誤な見解
4
アンガールズ田中の結婚に水を差した和田アキ子のトンデモ勘違い発言
5
全国旅行支援トラブル続出でクレームの嵐!対象店で「クーポン使用不可」の理不尽