芸能

長澤まさみ“魅せる見事なボディ”CMの背後にに新たな進路が見え隠れ?

 今年1月からの主演舞台「キャバレー」の網タイツ姿で、“艶技”路線を突き進む長澤まさみ(29)が、今度はCMで見事なボディを披露した! その背後では、アラサー女優の新たな進路が見え隠れするという。

 朝焼けが差し込む地下空間。黒いタンクトップ姿の黒い影が背伸びし、肘をつかんでの腕伸ばしと全身ストレッチを開始する。まばゆい逆光が和らぐと長澤の真剣な面持ちが確認できる。長澤が太極拳のように片足を抱え上げる開脚ポーズをすると、一瞬だが、太腿から小股が切れ上がったヒップがまる見えとなるのだ。

 この動画は、長澤が新たに契約を結んだ「アンダーアーマー(以下UA)」のCM。スポーツ紙芸能デスクが説明する。

「UAは米スポーツウエアのブランドで、一昨年より読売ジャイアンツと契約してユニホームをデザインしていることで話題になった。他に巨人の阿部慎之助やソフトバンクの松田宣浩など、スポーツ選手と個人契約することは珍しくないですが、女優としては初めてのケースになります」

 自身にとっても新機軸となるCM動画で、長澤は呼吸を整えると、一挙に全力疾走を開始する。

 ドキドキッという心臓の鼓動が響く中、セクシーに変身した長澤の映像が挿入される。

 夜のナイトクラブ、ダンスフロアではさらに胸元の開いたタンクトップ姿になった長澤がダンスに酔いしれて楽しげな表情を浮かべる。一転、ジムへ戻ると激しいワークアウト。ダンベルの上げ下げを繰り返すとタプタプと自慢のF乳が揺れまくる。「ハァ、ハァ」と息を弾ませると、汗が伝い流れる首筋の光沢が悩ましい。

 わずか1分20秒とはいえ、みごとなスポーツ&エロがかいま見えるCMとなっているのだ。

 芸能評論家の織田祐二氏も激賛する。

「美脚、美乳の極上の黄金比が堪能できる、すばらしい仕上がりとなっている。スポーツメーカーならば次は当然水着CMが用意されているはずです。過去にも、長澤は映画『ラフ ROUGH』(東宝)で、当時18歳の競泳水着姿を見せまくっていましたが、それ以来の大人へと成長した水着姿を期待したい」

 ともあれ、このCMに出演した裏にはワケがありそうだ。

「舞台『キャバレー』の成功を足がかりにして、長澤が海外留学へ意欲的になっているんです。とはいえ、トップ女優の長澤の海外移転を事務所はみすみす許したくない。そのため新機軸のCM仕事を入れているようです」(前出・スポーツ紙芸能デスク)

 実際、長澤は今年1月からトラクターなど産業機械のメーカー「クボタ」のCMにも出演している。

「こちらのCMでは、長澤は世界を一人旅するバックパッカーに扮しています。すでにベトナム、フランス編などが放映されているが、CMは実際にホーチミンやパリなど海外ロケを敢行している。本人が女優留学を希望するNYとは違いますが、留学を阻止するのが目的の、ガス抜きであてがわれたともっぱらです」(前出・スポーツ紙芸能デスク)

 はたして、やる気ムンムン長澤のイク気は収まるか──。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”