芸能

元SMAP“造反メンバー”への非情すぎるペナルティ「キムタク以外はギャラ5割カット?」

 昨年末をもって解散した国民的グループSMAP。騒動勃発当初は、ジャニーズ事務所からの独立を画策していた“造反組”の4人と木村拓哉(44)の確執が取りざたされた。今や、両者の間には待遇面でも大きな格差が生じているという。

「大阪にあるSMAPゆかりのお好み焼き屋に、全国からファンが押し寄せています。4年ほど前に番組のロケでSMAPのメンバー5人がそろって訪れた店で、そこの“目玉”が、店内に飾られた香取慎吾(40)の直筆イラスト。メンバー全員が仲よく1台の車に相乗りしている絵には、『犬猿の仲』と言われた木村の姿も描かれています」(在阪スポーツ紙記者)

 元SMAPの5人が今後「一枚絵」に収まることはない。昨年の大みそかには、中居正広(44)、稲垣吾郎(43)、草なぎ剛(42)、香取らメンバーが都内の高級焼き肉店に集まって「解散の宴」を開いたが、木村だけが姿を見せなかった。そして、木村と行動を別にする4人の“造反メンバー”には非情すぎる制裁が待っていたという。所属事務所の関係者が明かす。

「キムタク以外は全員ギャラがカットされる見込みです。ここ数年は、バラエティに出ずっぱりの中居が5億円超、草なぎと香取が1億円台、テレビ露出の少ない稲垣でも1億円弱と高額な報酬を受け取っていましたが、軒並み5割カットになると聞いています」

 大減俸を断行するウラには、ジャニーズ事務所の台所事情が影響していた。

「それぞれソロ活動が盛んだったとはいえ、やはりSMAPというドル箱グループの存在が大きかったということ。ファンクラブの会費だけで年間約40億円の収入を事務所にもたらし、コンサートツアーを開催した年には、チケットやグッズなどで150億円以上の売り上げが見込めましたから。バラバラになったら並のタレントにすぎません」(前出・所属事務所関係者)

 木村にとっても、グループ解散による収入源は避けられない状況だが、

「ジャニーズ事務所は、穴埋めのために、これまで以上にキムタクをテレビやCMに猛プッシュするでしょうね。また、もともとジャニーズ事務所は、これまでの貢献度を重んじる年功序列に近い給与体系と言われています。近藤真彦(52)や東山紀之(50)といった将来の幹部候補と同様に、厚い“お手当”も期待できます」(前出・所属事務所関係者)

 人気タレントを多く抱えるジャニーズ事務所において、SMAPだけが特別扱いを受けていたとベテランの芸能記者は打ち明ける。

「デビューから10年ほどたった頃、歩合制に近い給与体系に変わったそうで、5人のギャラは右肩上がりにアップしていきました。メリーさん(喜多川副社長)は、それが気に食わなかった様子で常々、『何で彼らがマッチより多くもらってんのよ』と不満を漏らしていました」

 ギャラ半減という厳しいペナルティに、メリー副社長も溜飲を下げることだろう。水面下では、さらに格差を拡大させるプロジェクトが進行していたという。

「キムタクをソロの歌手として売り出すプランが持ち上がったのですが、一連の騒動で“裏切り者”のイメージがついてしまっただけに、リスクが大きすぎる。そこで人気抜群のジャニーズタレントとユニットを結成させる企画が検討されたんです」(前出・所属事務所関係者)

 事務所上層部から打診を受けた木村は、ここでもいちずなグループ愛をのぞかせた。

「SMAP以外では歌いたくありません」

 こう言って新ユニットの結成を固辞したという。気になるのは、イバラの道を歩む他の4人の今後だ。3月16日発売の「女性セブン」(小学館)は中居の「熱愛同棲」を報じている。

「事務所との契約更新を迎える9月にも移籍すると見られていますが、あのような形で記事が出たということは、すでにジャニーズ側に見放されたということ。こうしたスキャンダル報道が続けばタレント生命にも影響しかねません。4人の中には将来を悲観して引退を口にする者もいました」(前出・芸能記者)

 “寒空ノムコウ”で元メンバーたちにどんな明日が待っているのだろうか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
桐谷美玲、「三浦翔平が交際宣言」よりも祝福した“劇的な顔面変化”!
2
「おい!フジテレビ」指原莉乃、AKB48選抜総選挙スピーチ中のCM寸断に苦言
3
佐藤健もクギ付け!?綾瀬はるかの激ヤバ“胸揺れ”シーンに期待の声
4
“アンダーウエア”がガチ見え!? 岸明日香ファンが大興奮した「神」画像!
5
にゃんこスターが準優勝に終わったのは「この能力」に欠けていたから!?