芸能

篠崎愛VSおのののか…闘争心炸裂のグラドル界「犬猿の仲」最新リスト

 テレビで、雑誌で、笑顔を振り撒くグラドルたち。しかし、生き馬の目を抜く芸能界。笑顔だけでは渡っていけない。時には敵を作ってでも勝ち残っていかなければならないのだ。

 ハーフモデル界でバチバチのバトルを繰り広げたのがトリンドル玲奈とダレノガレ明美だ。

「ファッションショーで、ともにモデルを務めた2人。ランウェイでは『戻る時には端に回る』というルールを守らないトリンドルが、行きも帰りもセンターを歩いたのです。直後に登場した、デビュー間もないダレノガレが、『オメェ真ん中じゃねえだろ』と噛み付くと、トリンドルは舌打ち。ダレノガレが戻ったその場にトリンドルが待ち受けていて、『オメェさっき何つった?』と絡んで口ゲンカ。ダレノガレはブレイク後、その時のことをテレビで暴露しています」(芸能ライター)

 3月に離婚を発表した小倉優子も、夫の不貞相手の馬越幸子以外にも、過去にはバトルの噂も。

「『アッコにおまかせ!』(TBS系)に準レギュラーのあびる優が出演した時のこと。嫌いなアイドルを和田アキ子に耳打ちしたところ、和田は『あの変わってる子ね』とコメント。あびるはかつて小倉の楽屋へ挨拶に行ったところ、『フン』という態度で無視された因縁があるため、ネット上では小倉のことではないかと騒がれたのです」(週刊誌記者)

 グラビア界の第一線を走る2人にも、火種がくすぶっている。

「大阪のラジオ『アッパレやってまーす!』で共演していた篠崎愛とおのののかですが、おのが篠崎に『どうして私のツイッターをフォローしてくれないんですか?』と問い詰めると『面倒くさいから!』とキッパリ。これに千原ジュニアが同じ楽屋にいてもひと言も口をきかないとバラし、本当にギクシャクした関係なのではと話題になりました」(前出・芸能ライター)

 現在発売中の「アサ芸シークレットvol.45」では、そんなグラドルたちのバトルの末の“犬猿の仲”をリストアップしている。

 相手を蹴散らして勝ち残るのは果たして?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
2
「矢野はなんちゅうことをしてくれたんや」阪神OBが嘆く佐藤輝明の「致命的な初期育成ミス」
3
楽天・西武・中日…3弱チームの共通点は「PL学園出身監督」高すぎるプライドに江本孟紀ダメ出し
4
「長嶋監督、怒ってなかった?」高橋由伸が耳を疑った巨人・阿部慎之助監督の「のん気発言」
5
北京五輪「世紀のエラー」G.G.佐藤に野村克也が贈った死の10日前の金言「お前の勝ちだ」