芸能

「R-1」王者・アキラ100%が性犯罪のとばっちりで早くも大ピンチ

 本人にとっても青天の霹靂だろう。

 教え子の小学4年の女子児童の服を脱がせたとして、東京都江戸川区立の小学校教諭が3月31日までに逮捕された。

 春休み中に補習を受けに来ていた女子生徒に「アキラ100%のマネをして」と、お盆で下半身を隠すという“まっぱ芸”で話題沸騰中のアキラ100%の名前を出し、ズボンなど穿いているもの全てを脱がせ、その模様をビデオで撮影したという。ちょっと信じられない、いや、信じたくないような話だ。

 女子児童本人の心の傷はもちろん、両親は犯人である教師に計り知れない憤りを覚えているはず。そして、この事件で完全にトバッチリを受けてしまったのがアキラ100%だろう。

「2月28日に行われた『R-1グランプリ』を制し、芸歴13年にしてやっと日の目を見ることができた彼が、わずか2カ月で性犯罪のダシに使われてしまうとはあまりに不運。事件のあった小学校だけでなく、今後はアキラ100%のネタには教師も保護者もいい顔をしないでしょうし、ネットなどの反応を確認しても、あまり見たくない芸に陥落しましたね。これには本人もかなり意気消沈でしょう。人生でここからが一番大事な時期だけに非常に気の毒です」(エンタメ誌ライター)

 本人も3月22日に行われたイベントでは、歓送迎会のシーズンに芸を真似る一般人が出てくることを予想し、「悪ノリだけはしないでほしい。最後、見せるというオチもダメ。最後まで隠し切る」「屋内だけにして。屋外も花見もダメ」と、最悪の事態を防ぐために様々な展開を想定し注意を促していたが、まさかの犯罪教師の出現までは考えていなかったに違いない。被害に遭った児童ともども、一刻も早く傷が癒えることを願おう。

(本多ヒロシ)

関連記事:「R-1」覇者のアキラ100%、芸人になる前は椎名桔平の付き人だった! http://www.asagei.com/excerpt/76643

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
2
テレ東・角谷暁子、ニットがキツそう!まん丸“お椀バスト”がまた進化!?
3
ゴムは常備!? 重盛さと美、32年間お泊りなしの”連れ込み型女子”宣言のワケとは
4
とんねるず、「タモリのビールをよそにドンペリ」押し通した驚愕バブリー現場
5
森川夕貴の“電撃婚”で弘中綾香の「円満独立プラン」が頓挫したワケ