芸能

「R-1」王者・アキラ100%が性犯罪のとばっちりで早くも大ピンチ

 本人にとっても青天の霹靂だろう。

 教え子の小学4年の女子児童の服を脱がせたとして、東京都江戸川区立の小学校教諭が3月31日までに逮捕された。

 春休み中に補習を受けに来ていた女子生徒に「アキラ100%のマネをして」と、お盆で下半身を隠すという“まっぱ芸”で話題沸騰中のアキラ100%の名前を出し、ズボンなど穿いているもの全てを脱がせ、その模様をビデオで撮影したという。ちょっと信じられない、いや、信じたくないような話だ。

 女子児童本人の心の傷はもちろん、両親は犯人である教師に計り知れない憤りを覚えているはず。そして、この事件で完全にトバッチリを受けてしまったのがアキラ100%だろう。

「2月28日に行われた『R-1グランプリ』を制し、芸歴13年にしてやっと日の目を見ることができた彼が、わずか2カ月で性犯罪のダシに使われてしまうとはあまりに不運。事件のあった小学校だけでなく、今後はアキラ100%のネタには教師も保護者もいい顔をしないでしょうし、ネットなどの反応を確認しても、あまり見たくない芸に陥落しましたね。これには本人もかなり意気消沈でしょう。人生でここからが一番大事な時期だけに非常に気の毒です」(エンタメ誌ライター)

 本人も3月22日に行われたイベントでは、歓送迎会のシーズンに芸を真似る一般人が出てくることを予想し、「悪ノリだけはしないでほしい。最後、見せるというオチもダメ。最後まで隠し切る」「屋内だけにして。屋外も花見もダメ」と、最悪の事態を防ぐために様々な展開を想定し注意を促していたが、まさかの犯罪教師の出現までは考えていなかったに違いない。被害に遭った児童ともども、一刻も早く傷が癒えることを願おう。

(本多ヒロシ)

関連記事:「R-1」覇者のアキラ100%、芸人になる前は椎名桔平の付き人だった! http://www.asagei.com/excerpt/76643

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
4
フジテレビ井上清華「早朝地震報道で恥ずかしい連呼」をナゼ誰も注意しない?
5
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」