事件

元アパレルOLが「医師集団鬼畜行為」を慟哭告発!(2)ワインに口をつけたとたん…

 医師としてのモラルのかけらもない鬼畜行状。だがこれらは、氷山の一角である。週刊アサヒ芸能は医師との飲み会に参加した結果、被害にあったという別の女性Aさんに話を聞くことができた。松雪泰子似のスレンダーなタイプだが、彼女が「思い返したくもない出来事」「あの医者たちは一生許さない」と語る「地獄の一夜」とは──。

「2年前の夏、同業他社にいた知り合いの女の子から、『独身のお医者さんたちとの飲み会が恵比寿のイタリアンレストランであるから、一緒に来ない?』と誘われたんです。それで、一次会だけ顔を出すつもりで参加しました」

 声を震わせながら打ち明ける20代のAさんは、事件当時、都内のアパレル関連会社に勤務していた。飲み会は土曜日の午後8時にスタート。

「大学病院に勤める30代前半の医師3人と、私を含めて女性2人の飲み会でした」(Aさん)

 当初は男性3人、女性3人となる予定だったが、女性の1人が急用のため参加できなかったという。

 Aさんによると、医師3人の第一印象はいずれも「自分が働く業界には少ないタイプの地味でおとなしそうな人」。1人は「芸人・波田陽区似の外科医」、もう1人は「俳優・ムロツヨシ似の内科医」、そしてもう1人は「元フィギュアスケート選手・織田信成似の内科医」だったという。

「男性陣に好みのタイプは1人もいなかった」

 と振り返るAさんは、医師たちに「穏やかな雰囲気の人ばかりだった」「話しぶりが誠実」などと、いい印象を持った。

 宴席は午後10時過ぎにいったんお開きになったものの、もう1人の女性が「もうちょっと、近くで飲もうよ」と言うので「それなら私も一杯だけ」と、Aさんもついていくことに。

「どうしてこの時に帰っておかなかったのか‥‥」

 と彼女は唇をかむのだ。

 2軒目に入ったのは、医師たちが常連だという、恵比寿駅近くのバーだった。

「一次会とは男性陣の雰囲気がガラッと変わったんです。この店で飲み始めて間もなく、場の異変に気がつきました。最初の店では話題にならなかった『セックスの相性』『初体験』といった下ネタを医者たちが話しだして、そろそろ帰ったほうがいいと思っていたやさき、外科医が『俺がみんなにおごるから!』とワインのボトルをオーダーしたんです。せっかく注文してくれたのに、自分だけ帰るのは悪いと考え、その場に残ることにしました」(Aさん)

 Aさんが「最後の一杯」だと思っていたそのワインに口をつけたところ「めまいや耳鳴りがして、いきなり気持ち悪くなってしまった」というのだ。

 しばらくトイレにこもったあとで席に戻ると「横になっていたほうがいい」と、ワインをオーダーした外科医と店のマスターから、ソファ席に案内され、

「翌日が休みだったので、朝まで寝かせてもらえればいいか、と油断していました」(Aさん)

 だが、目が覚めた瞬間、彼女は地獄の底に突き落とされる。

「バーのソファで寝かされてから、一切の記憶がないんですが、気がついたら大きなベッドの上でお互い全裸になって、波田陽区似の外科医に“挿入”されているんです。叫ぼうとしても声が出ないし、力が入らない。今どこにいて何時なのかすらもわかりませんでした。他の2人の医者もベッドに腰掛けてニヤニヤしている。それから、かわるがわる3人に犯されました。恐怖と不快さのあまり、目をつぶっていることしかできず、何時間もの間、男3人にいいようにされていたんです」

カテゴリー: 事件   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
保坂尚希、故・西城秀樹への“無邪気発言”で「生放送に向いてない」大批判!
2
デカすぎ!「半分、青い。」永野芽郁のボディコン姿に浮上した“疑惑”とは?
3
日テレアナも号泣! 長渕剛、“TOKIOのための熱唱”に感動する人々が続出
4
坂口杏里、踊り子デビューも「集客方法」が前代未聞レベルの必死さ!
5
中村アン、主演ドラマ「ラブリラン」で“違和感&棒演技”も好感度上昇の理由