芸能

「殿堂入り豊かな胸100人」を大発表(5)00年代11位~20位「黒船」リア・ディゾン来日に衝撃!

 海の向こうのメジャーリーグや日本のプロ野球の世界では、毎年往年のスター選手が「殿堂入り」として選出される。芸能界も女性タレントの胸にスポットが当たって50年。この栄光の歴史に敬意を表し、「アサ芸シークレット」が選出した殿堂入りにふさわしいが豊かな美女100人をオールタイムで選出した!

 21世紀に入ると、グラドルたちの基準がまさしくビッグバンを迎えた。バストサイズが100センチを超え、それまでFカップ止まりだったものがG、H、I、Jと進化したのだ。

11位・リア・ディゾン

 ネットにUPした画像が日本でも大人気となり、待望の来日。アグネス・ラム以来の衝撃は「グラビア界の黒船」とニュースになった。

12位・愛川ゆず季

 100センチのバストも魅力だったが、女子プロレスの世界に参入すると、並み居る本職を押しのけて評価される「第2の人生」を過ごした。

13位・夏目理緒

 100センチにはわずかに届かないものの、前人未踏のJカップという高低差は、いよいよグラビア界がメガサイズに突入したことを象徴。

14位・小泉麻耶

 女子高時代の学校を相手にした訴訟騒動など、常にスキャンダルに見舞われてきたが、至高の悩殺ボディであったことは揺るぎない。

15位・松本さゆき

 グラビア界には珍しく172センチの長身で、それでいてGカップというありがたいバストは「リアル峰不二子」の称号に恥じなかった。

16位・川村ひかる

 どちらかと言えば小柄美乳な部類だが、高貴な姉系フェイスが受けて、写真集も大ヒット。グラビア界に新たな方向性をもたらした。

17位・大城美和

 154センチの小柄な体でも、Gカップの威力は目を引いた。グラビア界の需要はトップ級に高かったが、突然の引退は多くの謎を残した。

18位・大沢舞子

 デビュー当初のプロフィールは「売れっ子ホステスのみなみちゃんがグラビアデビュー」で、タブーを打ち破った売り出し方だった。

19位・滝沢乃南

「したたるような」という言葉以外に見つからないほど、色白で豊満すぎるボディが魅力。不可解な引退騒動からの復帰はあるのか?

20位・福永ちな

 名古屋での歯科助手時代に「ほしのあきに似ているね」と言われたことからデビューしたレアケース。顔だけでなく体も超一級品。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉岡里帆、“バストがFから縮小”疑惑写真で逆に「脱いだらスゴイ」妄想できる!?
2
美女アナ 朝っぱら情報番組「後継レース」(3)NHK・桑子真帆は結婚で退社?
3
一緒に映ったらまさか…河北麻友子が親友・桐谷美玲に動画で“公開処刑”!?
4
浜田雅功も絶句!ゆきぽよ、親密男性の薬物逮捕報道で注目された“炙り映像”
5
神田愛花、日村が心配!体臭好き“下半身奇行”にドン引きの声